鶴見区版 掲載号:2017年2月2日号 エリアトップへ

―区制90周年記念―【連載【2】】 鶴見90年のあゆみ 「明治・大正期」

掲載号:2017年2月2日号

  • LINE
  • hatena
鶴見臨港鉄道着工時の運河への橋架設の様子とうよこ沿線編集室発行『わが町の昔と今 第7巻鶴見区編』より
鶴見臨港鉄道着工時の運河への橋架設の様子とうよこ沿線編集室発行『わが町の昔と今 第7巻鶴見区編』より

【臨海部埋立事業】

 現鶴見区の面積の実に約3分の1を占める埋立地。臨海部における壮大な埋立事業が始まったのが、明治・大正期だった。成し遂げたのは、一代で財閥を築いた事業家・浅野総一郎だ。

 海運業を営み、海外の港湾都市を見てきた浅野は、経済発展には臨海工業都市が必要と、明治41年に鶴見・川崎の地先約140万坪の埋立認可を神奈川県に提出。同45年には安田財閥・安田善次郎らの協力を得て、鶴見埋立組合を設立し、準備を進めた。

 大正2年、ようやく県からの認可が下り着工。同11年に造成されると企業が次々と進出し、工業地帯が形成されていった。日本の発展を大きく支えた京浜工業地帯の誕生である。これにより、鶴見には全国各地や海外から多くの若者が集まり、「工業の街」として栄えることとなった。

◇  ◇  ◇

 京浜工業地帯の隆盛とともに産声を上げたのが、大正15年に開業の鶴見臨港鉄道(現JR鶴見線)。当初貨物線だったが、昭和5年に旅客化。当時、路線の走る埋立地には地名がなく、駅名は浅野を冠した浅野駅を始め、安田善次郎からとった安善駅など、埋立事業とゆかりのある人物から付けられている。
 

鶴見区版のコラム最新6

鶴見出身・東洋のレセップス!?

「土木事業者・吉田寅松」【2】 鶴見の歴史よもやま話

鶴見出身・東洋のレセップス!?

文・写真 鶴見歴史の会 齋藤美枝 ※文中敬称略

4月23日号

鶴見出身・東洋のレセップス!?

「土木事業者・吉田寅松」【1】 鶴見の歴史よもやま話

鶴見出身・東洋のレセップス!?

文・写真 鶴見歴史の会 齋藤美枝 ※文中敬称略

4月9日号

推進前提に意見公募

〈連載【11】〉市が方向性素案公表 IRと横浜

推進前提に意見公募

3月26日号

懸命のアピール合戦

〈連載【10】〉「産業展」に45事業者 IRと横浜

懸命のアピール合戦

2月20日号

「カジノなしでも人は来る」

〈連載【9】〉米国・設計者が横浜を語る

「カジノなしでも人は来る」

IRと横浜

1月30日号

制限型対策では不十分

〈連載【8】〉依存症専門医に聞く

制限型対策では不十分

IRと横浜

12月12日号

プリンス電機㈱

環境や社会に取り組む施設、機器用照明の専門メーカー

http://www.prince-d.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月28日18:48更新

  • 5月28日18:21更新

  • 5月8日15:42更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク