鶴見区版 掲載号:2019年1月1日号 エリアトップへ

「希望に満ちた横浜に」 林市長、新年の抱負語る

政治

掲載号:2019年1月1日号

  • LINE
  • hatena
インタビューにこたえる林市長
インタビューにこたえる林市長

 年頭にあたり、本紙では林文子市長に恒例の新春インタビューを行った。市長就任10年目を迎える林市長は「さまざまな施策が花開いている」と昨年までの成果を示すとともに、今年の市政運営への決意を語った。(聞き手/本紙・北原健祐)

確かな成長を実感

 ――はじめに2018年の振り返りをお願いします。

 「昨年は『ガーデンネックレス横浜2018』『Dance Dance Dance @ YOKOHAMA2018』『フランス映画祭2018』などを開催し、一年を通じて横浜の街は市内外からの多くのお客様で賑わい、活気に満ちあふれていました。

 また、『世界トライアスロンシリーズ横浜大会』『横浜マラソン』等のスポーツイベントを通して、市民の皆様にスポーツの素晴らしさを感じていただけたと思っています。

 国から『SDGs未来都市』に選ばれたことは、大変嬉しいことでした。環境の取り組みを軸に、経済や文化・芸術による新たな価値や賑わいを創出し、持続可能な都市の実現を目指していきます。

 昨年は、全国各地で大規模な自然災害が相次いだ年でもありました。市民の皆様の安全・安心な暮らしをお守りしなくてはと、改めて思いを強くしています。

 市民生活や経済活動を支える都市基盤整備も着実に進め、相模鉄道の星川―天王町駅間の全線高架化や、横浜環状北西線のシールドマシンの掘削を完了しました。

 横浜の確かな成長に向け、多くの市民・企業・団体の皆様とご一緒に、大きく前進することができた一年でした」

ビッグイベントで経済発展を中期4か年計画、着実に

 ――2019年度の予算や重点施策、主な新規事業についてお聞かせください。

 「昨年策定した中期4か年計画を着実に進め、子育て・教育、医療・福祉、災害対策等のさまざまな分野で、安心・安全な市民生活のために全力で取り組んでいきます。

 また、今年は、国際都市、文化芸術創造都市としての存在感を一層高めることができる国際的なビッグイベントが相次いで開催されますので、その賑わいと活力を、横浜経済の発展、持続的な成長につなげる決意です。

 8月の第7回アフリカ開発会議、9月に開幕するラグビーワールドカップ、そして2020年には東京五輪・パラリンピックが控えています。危機管理対策はもちろん、交通輸送、救急医療、ボランティア運営など、安全で円滑な運営に向け、しっかり準備を進めます。

 春にはクイーン・エリザベスの2本の横浜発着クルーズが実現します。大黒ふ頭に整備中のCIQ(税関・出入国審査・

検疫)施設を備えた新客船ターミナルでお迎えします。秋には新港地区にもCIQ施設とホテル、商業施設からなる客船ターミナルがオープンします。

 さらに、横浜駅周辺をはじめ、新市庁舎、パシフィコ横浜ノースの整備、関内・関外地区のまちづくり、都心臨海部の機能強化も進め、一層の誘客促進や企業誘致につなげていきます」

ハマ弁、周知強化へ

 ――子育て・教育施策についてお聞きします。

 「子どもは未来をつくる力です。誰もが安心して妊娠・出産し、子育てができるよう、切れ目のない子ども・子育て支援、教育の環境と質の向上に取り組みます。

 ハマ弁は、価格や栄養バランスの点で、他都市のデリバリー型給食と比べても遜色のない内容です。多くの方にご利用いただけるよう、ハマ弁の良さをPRしながら、喫食率の向上に取り組んでいきます」

 ――災害対策・環境面では?

 「災害対策では、昨年、ブロック塀の改善工事等の補助制度を設け、市民の皆様から1千件を超えるお問い合わせをいただいています。これからも引き続き、防災・減災対策に取り組みますが、いつ起こるかわからない災害への対策では、市民の皆様にも自助・共助に取り組んでいただけるようお願いしたいと思います。

 『SDGs未来都市』の取り組みの中心となる、横浜SDGsデザインセンターをモデル事業として立ち上げます。国からも期待されていますが、脱炭素化の実現に向け、さらなる省エネの推進と、再生エネルギーの活用を強化していきます。

市民、企業の皆様とともに、環境、経済、社会的な課題の同時解決に向け全力で取り組み、その成果を国内外の都市と共有することでSDGs未来都市・横浜を実現していきます」

IR誘致、明言せず

 ――カジノを含むIR(統合型リゾート)についての考えは?

 「IRは観光立国の実現や将来にわたる経済成長に向け、日本で初めての取り組みとして進められています。現段階で横浜市は誘致について『白紙』ですが、今後、政省令など国から示される情報を把握しながら、横浜市にとって、そして、市民の皆様にとって一番良い方法を総合的に考えていきたいと思います」

 ――山下ふ頭再開発のビジョンは?

 「山下ふ頭については、倉庫の移転などの協議を進めています。更地化したエリアは、東京五輪・パラリンピック期間中のホテルシップの受け入れ、また、来年の夏には実物大の動くガンダムの公開も予定されているので、これらの活用に向けて取り組んでいきます」

 ――市民への新春メッセージをお願いします。

 「国際的なビッグイベントが相次いで開催されるチャンスを生かして、文化芸術の振興、魅力あるまちづくりを加速させ、市民の皆様に横浜に住む幸せを実感していただけるよう、また、ワクワクするような明るく希望に満ちた横浜を皆様とともにつくりあげていきたいと思います。

 市長として10年目を迎え、これまで取り組んできた施策が花開いていると実感しています。これからも地道に、皆様に喜んでいただけるよう、頑張っていきます」

DanceDanceDanceのフィナーレ
DanceDanceDanceのフィナーレ
ラグビーワールドカップが9月に開幕
ラグビーワールドカップが9月に開幕

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

学生の絵で振り込め撃退

学生の絵で振り込め撃退 社会

警察、郵便局が啓発ハガキ

10月17日号

子ども向けに飼育冊子

区内動物愛護団体

子ども向けに飼育冊子 教育

“愛でる”知識学ぶ教材に

10月17日号

鶴見の魅力、沖縄映画祭へ

鶴見の魅力、沖縄映画祭へ 社会

全編区内ロケで制作

10月10日号

2年後の開催、白紙へ

鶴見川サマーフェス

2年後の開催、白紙へ 社会

実行委員会が解散

10月10日号

10月から加入を義務化

自転車保険

10月から加入を義務化 社会

市内加入率は未だ半数

10月3日号

ベイジュニアに選出

東台カルテックス島村宏斗さん

ベイジュニアに選出 スポーツ

区内唯一 活躍ちかう

10月3日号

10年で登録者10倍に

シニアボランティア事業

10年で登録者10倍に

マッチングに課題も

9月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク