鶴見区版 掲載号:2021年2月25日号 エリアトップへ

松蔭寺の「如来像」展示中 市内最古 歴博で仏像展

文化

掲載号:2021年2月25日号

  • LINE
  • hatena
飛鳥時代の制作と伝わる「如来像」
飛鳥時代の制作と伝わる「如来像」

 東寺尾の松蔭寺所有の横浜最古の仏像「如来坐像(伝阿弥陀如来像)」が、横浜市歴史博物館=都筑区中川中央1の18の1=で現在開会中の特別展「横浜の仏像」に展示されている。

 如来坐像は、高さ25・3cmの飛鳥時代後期の金銅仏。仏像彫刻としては市内最古で、関東地方でも希少な作例だという。

 もともとは松蔭寺が管理していた神奈川区の八幡神社に祀られていたが、明治期の神仏分離で同寺へ移された。

 1947年、横浜市資料調査会による寺院調査の際に歴史的価値を見出され、以降は東京国立博物館に寄託。2017年に市文化財に指定されている。

秘仏など40体

 特別展「横浜の仏像―しられざるみほとけたち」では、如来坐像をはじめ、横浜の代表的な諸仏、長らく非公開だった秘仏など、平安・鎌倉時代の約40体が並ぶ。

 会期は3月21日まで。午前9時〜午後4時30分(当日券発券〜4時)。月曜休館。観覧料は一般1000円、大学・高校生700円、小中学生・市内在住65歳以上500円。日時指定オンラインチケットの事前購入あり。詳細はホームページ「横浜の仏像」で検索。(問)同館【電話】045・912・7777
 

鶴見区版のローカルニュース最新6

鶴見区 5年で1・2万人増

鶴見区 5年で1・2万人増 社会

国勢調査、市速報を発表

4月15日号

初の健康遊具

三ツ池公園

初の健康遊具 社会

背のばしベンチ2基設置

4月15日号

藤澤ノリマサコンサート

藤澤ノリマサコンサート 文化

タウンニュースホール

4月15日号

「命と医療守り、経済を再生」

「命と医療守り、経済を再生」 社会

林市長インタビュー

4月15日号

ペッパー活用の新教材制作

神奈川県

ペッパー活用の新教材制作 教育

小学生の思いやる心を醸成

4月15日号

決済アプリで消費喚起

神奈川県

決済アプリで消費喚起 経済

最大2割のポイント還元

4月15日号

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.komei.or.jp/km/yokohama-ozaki-futoshi/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter