鶴見区版 掲載号:2019年2月14日号
  • LINE
  • hatena

区内在住福島さん 救急車1台を寄付 岸谷出張所で利用

社会

寄付された救急車と福島さん
寄付された救急車と福島さん
 区内在住の福島京子さんが横浜サポーターズ寄付金を使い、救急車1台を鶴見消防署(山田裕之署長)に寄付した。2月5日には同署から感謝状の贈呈と、贈られた救急車のお披露目式が開かれた。

 贈られた救急車は、高規格救急車という型で、救急救命士が措置などを行うために有効な車内空間などを保有し、必要な救急資器材を装備しているもの。市内の救急車は全てこの型。

 車種は今年度から新しくなった日産のキャラバンで、市内で導入されるのは初めてだという。

 福島さんの寄付した救急車は、年間約2800件の救急案件を扱う岸谷出張所で使用される。

ふるさと納税を活用

 福島さんは、現在アパートの経営者。これまでも「社会に貢献したい」と障害者施設への寄付などを続けてきた。もっと大きな寄付ができないかと考えているなかで、昨年1月、テレビで救急車を寄付した人の存在を知り、「これだ」と強く感じたという。

 同署に相談をして、横浜サポーターズ寄付金という横浜市へのふるさと納税の活用を決めた。

 同寄付金は、応援したい自治体に寄付ができる制度で、手続きすると所得税や住民税の還付・控除などが受けられる。

 福島さんは「高齢化社会で救急車はもっと必要になり、いち早く安全につながるもの。寄付できて感謝と喜びでいっぱい」と笑顔を見せた。

3年連続寄付続く

 市内での救急車の寄付は、昨年度、一昨年度と連続して行われており、2010年から今回を含め、同制度を使って6台が寄付されている。

 救急車は古くなると更新が必要。10万Km、およそ6〜7年の使用が目安とされているが、3年ほどで達してしまうこともあった。

 山田署長は「救急件数は増え続けている。みな様に安心してもらえる体制づくりに救急車は必要不可欠なパートナー。本当にありがたい。大切に使わせて頂きたい」と話した。

鶴見区版のトップニュース最新6件

再エネ電力購入へ

横浜市

再エネ電力購入へ

2月21日号

「防災」「観光」など増額

鶴見区予算案

「防災」「観光」など増額

2月21日号

独自のBD(ビッグデータ)活用を推進

国際的イベントに重点

横浜市予算案

国際的イベントに重点

2月7日号

「花月総持寺」に駅名変更

京急線花月園前

「花月総持寺」に駅名変更

1月31日号

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「福祉のまち」推進へ集い

「福祉のまち」推進へ集い

すずの会 基調講演も

2月23日~2月23日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク