鶴見区版 掲載号:2021年5月13日号 エリアトップへ

脱炭素社会へ意見募る 自民党がシンポジウム

政治

掲載号:2021年5月13日号

  • LINE
  • hatena
Zoomを交えて約100人が参加した
Zoomを交えて約100人が参加した

 自民党横浜市会議員団が4月24日、脱炭素社会実現に向けて有識者や市民から意見を募るシンポジウムを開催した。

 同党は「横浜型脱炭素社会」を目指し、5月中旬から始まる横浜市会定例会に公明党と共同で議員提案条例の提出を予定する。素案では、脱炭素社会の形成に向けて市の責務を明記。当日パネリストで参加した環境政策が専門の関東学院大学の津軽石昭彦教授は「市の責務を明記し、全ての施策で脱炭素化への配慮を求めたのは全国初では」と評価した。

 市民や学生ら約100人が参加し、学校で使用する電力の再生可能エネルギーへの転換や、新築住宅の断熱の規制強化を求める意見などが寄せられた。条例立案チームの座長を務める山下正人市議は「寄せられた意見も踏まえ、脱炭素社会を推進しながら経済も発展させる条例を目指していきたい」と話した。

鶴見区版のローカルニュース最新6

折れた銀杏でスプーン

常倫寺

折れた銀杏でスプーン 文化

成長願うお守りに

6月10日号

鶴見から2社が登録

かながわSDGsパートナー

鶴見から2社が登録 社会

6月10日号

まんぷく広場12日に

飲食支援テークアウト企画

まんぷく広場12日に 社会

6月10日号

福田峰之氏が出馬へ

横浜市長選

福田峰之氏が出馬へ 政治

IR誘致は「ニュートラル」

6月10日号

命守った「歯」に労い

命守った「歯」に労い 社会

県歯会ら 伝統の供養

6月10日号

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter