神奈川区版 掲載号:2018年11月29日号
  • LINE
  • hatena

中丸小PTA会長として子どもたちの交通安全対策に尽力する 村井 順さん 片倉在住 48歳

「交通提案」生きがいに

 ○…中丸小周辺の電柱5カ所にこのほど、交通安全を呼びかける注意看板を設置した。数々の交通提案を行ってきた経験から、そのリーダー役を担った。「地域の皆さんに喜んでもらえてよかった」と喜ぶのも束の間、「老朽化した歩道橋が使えなくなり、子どもたちは危険にさらされている」と力説。延べ4日間にわたり危険な横断歩道の交通量調査を行い、10数ページに及ぶ報告書をまとめ上げた。現在は関係機関に、対策案を提案中だ。

 ○…横浜市出身。3歳から結婚するまで神大寺に住んでいた。「近所の雑木林が遊び場で、ザリガニやホタルが生息するのどかな環境だった」と振り返る。交通提案は松本中2年生のときに「市長への手紙」を送ったのが始まり。横浜駅西口バスターミナルの屋根が架け替えられた感動は忘れられない。今でこそ当たり前となっている信号機に付いている「交差点名プレート」も、中3時の要望から実現したものだという。横浜翠嵐高時代は、みなとみらい21地区の開発に魅了された。「まちづくりに携わりたい」と建築の道を選んだ。学生でありながら神奈川区民協議会の委員として2期4年間、歩道のバリアフリーについても検討。大学院を卒業後、東京都の区役所に就職した。

 ○…全国的に役所のホームページが無かった時代に、建築課のデモサイトを作って上司を説得、公開したことで区長表彰を受けた。趣味は自転車。毎日約70Kmを走行して市営バスの停留所を巡り、時間帯ごとの所要時間を調査したこともある。PTA会長となって3年。「妻や息子からは1年でやめろと言われていたのですが」と苦笑いする。「情けは人の為ならず」が人生訓。「実態にそぐわない規約の改正もしたい」。まだまだアイデアは尽きないようだ。

神奈川区版の人物風土記最新6件

星野 雅明さん

神奈川消防署長に就任した

星野 雅明さん

4月18日号

木下 龍一さん

今年度15周年を迎えるかなっくホールの館長を務める

木下 龍一さん

4月11日号

コフィ エドウィン マテさん

10年以上続く「アフリカンフェスティバルよこはま」の実行委員会代表を務める

コフィ エドウィン マテさん

4月4日号

日下部 裕也さん

3月13日付で神奈川警察署長に着任した

日下部 裕也さん

3月28日号

佐藤 政廣さん

ヨコハマ・グッズ横濱001で市長賞を獲得した

佐藤 政廣さん

3月21日号

永瀬 勇気さん

特定非営利法人RCB大口夢の理事長としてはしご酒を主催する

永瀬 勇気さん

3月14日号

かなっくホール

Mr.&Mrs.シューマンプロジェクト開催!5月15日オープニングコンサート

http://kanack-hall.info/

<PR>

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月11日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク