神奈川区版 掲載号:2018年11月29日号
  • LINE
  • hatena

中丸小PTA会長として子どもたちの交通安全対策に尽力する 村井 順さん 片倉在住 48歳

「交通提案」生きがいに

 ○…中丸小周辺の電柱5カ所にこのほど、交通安全を呼びかける注意看板を設置した。数々の交通提案を行ってきた経験から、そのリーダー役を担った。「地域の皆さんに喜んでもらえてよかった」と喜ぶのも束の間、「老朽化した歩道橋が使えなくなり、子どもたちは危険にさらされている」と力説。延べ4日間にわたり危険な横断歩道の交通量調査を行い、10数ページに及ぶ報告書をまとめ上げた。現在は関係機関に、対策案を提案中だ。

 ○…横浜市出身。3歳から結婚するまで神大寺に住んでいた。「近所の雑木林が遊び場で、ザリガニやホタルが生息するのどかな環境だった」と振り返る。交通提案は松本中2年生のときに「市長への手紙」を送ったのが始まり。横浜駅西口バスターミナルの屋根が架け替えられた感動は忘れられない。今でこそ当たり前となっている信号機に付いている「交差点名プレート」も、中3時の要望から実現したものだという。横浜翠嵐高時代は、みなとみらい21地区の開発に魅了された。「まちづくりに携わりたい」と建築の道を選んだ。学生でありながら神奈川区民協議会の委員として2期4年間、歩道のバリアフリーについても検討。大学院を卒業後、東京都の区役所に就職した。

 ○…全国的に役所のホームページが無かった時代に、建築課のデモサイトを作って上司を説得、公開したことで区長表彰を受けた。趣味は自転車。毎日約70Kmを走行して市営バスの停留所を巡り、時間帯ごとの所要時間を調査したこともある。PTA会長となって3年。「妻や息子からは1年でやめろと言われていたのですが」と苦笑いする。「情けは人の為ならず」が人生訓。「実態にそぐわない規約の改正もしたい」。まだまだアイデアは尽きないようだ。

神奈川区版の人物風土記最新6件

岩井 徹太郎さん

ヨコハマ・グッズ横濱001で市長賞を獲得した

岩井 徹太郎さん

2月14日号

長島 敏晴さん

(一社)横浜北工業会専務理事で、「港福一夜城」で講演した

長島 敏晴さん

2月7日号

深作 秀春さん

深作眼科の院長であり、2月に個展を開くプロ画家の

深作 秀春さん

1月31日号

野並 晃さん

第68代(一社)横浜青年会議所理事長に就任した

野並 晃さん

1月17日号

稲見 明子さん

街ギャラリーを通し交流を生み出す

稲見 明子さん

1月10日号

新井 航世(はんせ)さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

新井 航世(はんせ)さん

1月1日号

中学校給食いいね!!

日本共産党市議団が宝塚市を視察

http://www.usami-sayaka.jp/

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

  • 1月17日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • お噺のお話

    落語こらむ

    お噺のお話

    三十一席目「権助魚(ごんすけざかな)」

    2月7日号

  • 「貯筋」の心得

    ミスター高橋の 連 載

    「貯筋」の心得

    48 体内の二種類の筋肉

    2月7日号

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク