神奈川区版 掲載号:2021年12月2日号 エリアトップへ

サルビアねっと登録1万人突破 患者情報、ICTで共有

社会

掲載号:2021年12月2日号

  • LINE
  • hatena

鶴見区でスタート、神奈川区にも展開

 鶴見区と神奈川区の医療・介護機関などが情報通信技術(ICT)を使って患者情報を共有する「サルビアねっと」の登録者数が、運用開始から2年半で1万人を超ええた。

「2025問題」解消に

 サルビアねっとは、電子カルテ情報や薬の処方歴、検査結果などをICTによって共有するネットワークシステム。患者1人に対し、医師や福祉関連などの多職種が包括的に連携しながら見守る仕組みだ。団塊の世代が後期高齢者となる「2025年問題」の対策として、2019年に市が公表したICT活用の地域医療介護連携ネットワーク構築ガイドラインに基づき鶴見区で始まった。

 総務省の補助金を得て鶴見区の済生会横浜市東部病院や医師会、歯科医師会、薬剤師会などで構成されるサルビアねっと協議会が主体となって運営し、昨年には神奈川県の補助事業に採択されて神奈川区にもエリアを拡大。同区の医師会らも協議会に加わった。

 個人情報を取り扱うため、利用には患者、施設側共に登録が必須となる。11月26日現在の登録者は1万1461人、参加施設数は113件。共に数が増えるほどメリットが大きいため、参加施設や医師らが患者一人一人に利用を勧奨するなど地道な活動を続けている。

施設は有償、課題も

 昨年11月にはスマートフォンからの患者登録機能を拡充。東部病院の外来予約サービスも稼働した。これにより、紹介状をもらい電話などでの予約が不要となった上、検査結果を共有し、早期に適切な対応へつなげることも可能とした。現在他の病院に展開するため準備中という。

 一方で、患者の登録は無料だが施設側はシステム維持などのために登録料がかかり、補助金で賄う導入費が高いなど課題は多い。同協議会の理事として開始当初から参加する鶴見区医師会の芝山幸久会長は、「今後、災害やパンデミックの際にも役立つ。時間はかかるが、良さを感じるまで拡大させなければ」と話している。

サルビアねっとホームページ
サルビアねっとホームページ

神奈川区版のトップニュース最新6

還元金額5%にとどまる

市内飲食店利用促進事業

還元金額5%にとどまる 経済

利便性に課題か

1月20日号

海中ソーラー 実用化目指す

海中ソーラー 実用化目指す 社会

神大、横浜港で実証実験へ

1月20日号

「つながり」育む1年に

「つながり」育む1年に 社会

日比野区長インタビュー

1月13日号

3回目接種を前倒し

横浜市

3回目接種を前倒し 社会

65歳以上、3月末完了へ

1月13日号

11年ぶり中学生記録樹立

セントラルスイム

11年ぶり中学生記録樹立 スポーツ

短水路800mリレーで

1月6日号

コロナと経済 両立めざす

黒岩知事インタビュー

コロナと経済 両立めざす 政治

反転攻勢に強い意欲

1月6日号

あっとほーむデスク

  • 12月9日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook