宮前区版 掲載号:2021年10月22日号 エリアトップへ

宮前消防署 火災予防、地域一丸で 警察らと広報 キャラ一堂に 

社会

掲載号:2021年10月22日号

  • LINE
  • hatena
啓発用ポスターを手にする持田会長(右)と杉山署長
啓発用ポスターを手にする持田会長(右)と杉山署長

 宮前消防署(杉山哲男署長)は全国秋季火災予防運動(11月9日〜15日)を前に、初めて宮前警察署らと連携して広報に取り組む。先月には各行政機関のマスコットキャラクターが登場する啓発ポスターを作成。杉山署長は地域一丸となった活動を展開しようと、宮前区安全・安心まちづくり推進協議会(持田和夫会長)にも街頭広報への協力を求めた。

 秋の火災予防運動の実施にあたり、同消防署は宮前警察署と宮前区役所に協力を依頼。連携の象徴として先月、市消防局イメージキャラクター「太助」や県警シンボル・マスコット「ピーガルくん」、区PRキャラクターの宮前兄妹「メロー」「コスミン」が火の用心を呼び掛けるポスターを作成した。ポスターは区役所や警察署をはじめ、自治会・町内会などの掲示板や鷺沼駅・宮前平駅・宮崎台駅に貼付。同消防署本署では先着50人に配布中だ。

 地域住民に活動の輪を広げようと、杉山署長は区安全・安心まちづくり推進協議会の持田会長を訪れ、火災予防に対する協力を求めた。

 持田会長は「防火の推進は安全・安心まちづくりにつながる。行政の手が届かない部分を地域住民が補っていくことも必要」と述べ、街頭広報への参加を約束した。

 同消防署は11月8日午後2時〜3時、警察や区役所、同協議会と区役所前市民広場で街頭広報を実施。ポスターに登場したキャラクター4体が集合し、記念撮影にも対応する。9日は宮崎台駅で開催。こちらは「太助」のみ登場予定。

 杉山署長は「県警の協力により、地域の方が親しみやすく安全で安心していただけるポスターが完成した。今後も地域の方々や関係機関と連携し、火災予防の普及啓発を行っていきたい」と話した。宮前区内では9月末時点で38件(昨年プラス11件)の火災が発生。原因の第1位はタバコが10件となっている。

宮前区版のトップニュース最新6

新会議、年度内に試行

川崎市

新会議、年度内に試行 社会

「形式自由」も運用がカギ

11月26日号

舞床さんが中学最高賞

伊藤園俳句大賞

舞床さんが中学最高賞 社会

宮崎中3年 全国51万句から

11月26日号

市場で経済支援講演会

川崎市

市場で経済支援講演会 経済

補助金活用、事例を紹介

11月19日号

「児童交流の場」閉店へ

文具・雑貨店たんたん

「児童交流の場」閉店へ 社会

11月末、ネットは継続

11月19日号

創部11年で全国初V

ダンスクラブはるいずむ

創部11年で全国初V スポーツ

動画で意識強化 念願叶う

11月12日号

「連携の場」通じ課題解決へ

宮前区

「連携の場」通じ課題解決へ 社会

市民活動支援 平場で議論

11月12日号

厚木で宿泊するとクーポン進呈

12月1日~厚木の旅館・ホテルに宿泊すると1人1枚千円クーポンプレゼント!

https://www.atsugi-kankou.jp/

賃貸オーナー様 大募集!

宮前区で42年の実績・満室の実現・クレーム迅速対応 電通ハウジング

http://den2h.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook