高津区版 掲載号:2016年4月22日号 エリアトップへ

静雅書道会創始者 故岡本雅堂氏 初の個展 生誕100年を記念 26日から

文化

掲載号:2016年4月22日号

  • LINE
  • hatena

 静雅(せいが)書道会(本部・高津区下作延)の創始者である故・岡本雅堂氏の生誕100年を記念した展覧会が4月26日から東京・銀座で開かれる。中央の権威ある団体には属さず「在野」にこだわり、地域貢献に尽力した岡本氏。生前は個展を開かず、今回が初の開催となる。

 岡本雅堂(本名・岡本鞆(とも)吉(きち))氏は、1916(大正5)年に東京・世田谷で生まれる。15歳で書の師匠に師事し、書の道へ。しかし戦争に召集され20代のほとんどを兵役で過ごす。この頃、北満州で現地の小学校の教員と書の練習をし、本格的な書芸術の奥深さに出会ったという。

 終戦後は家業の工場を経営していたが、書への情熱は尽きることはなく、地域の文化交流もかねて当時の旧高津図書館のサークルに入会。その書道部を母体とし、1954年に「静雅書道会」を設立した。

 当時のことを静雅書道会の2代目会長で雅堂氏の長男である龍哉氏は「父は戦後の青少年の育成を懸念し『若者の将来を支えなきゃいけない』と活動していたと思う」と話す。

 会は成長しピーク時には会員1万人を超す団体に。今でも川崎市内最大規模の書道会で、親子4代で通う会員もいる。

 「封建的、閉鎖的な中央書壇」と距離を置き「在野」での書の研さんと普及にまい進した。地域貢献活動にも熱心で、会は今でも街頭の募金活動を続けている。龍哉氏によると、川崎市の名誉市民の打診を受けたが雅堂氏が「俺の生き方を見れば分かるだろう」と断ったエピソードもあるという。

 雅堂氏の生誕100年記念展は4月26日(火)〜5月1日(日)、東京・銀座の「セントラルミュージアム銀座」(中央区銀座3の9の11紙パルプ会館5階)で開かれる。午前10時〜午後6時(入場は5時半まで。1日の入場は午後3時半まで)。

 雅堂氏の個展は初。生前に弟子が開催を勧めても雅堂氏は「私が生きている時にはやらない。他界したら弟子たちで考えてほしい」と語ったという。会場には雅堂氏の作品124点と臨書作品などが展示される。

 「書の専門知識がない人が『感動した』と褒めてくれた雅堂の作品。父の生き様を作品の中で感じ取ってほしい」と龍哉氏は話す。

 記念展に関する問合せは静雅書道会【電話】044・844・1121へ。

高津区版のトップニュース最新6

コロナ禍「お互い様」精神で

高津区社会福祉協議会

コロナ禍「お互い様」精神で 社会

食料150人分を無料配布

4月16日号

「溝劇」と強力タッグ

NPO法人「ダンス ラボラトリー」

「溝劇」と強力タッグ 文化

コロナ禍、活動の幅に期待

4月16日号

女子用スラックス、6割

川崎市立中

女子用スラックス、6割 教育

市教委「近年増加傾向に」

4月9日号

コロナ下、運動不足解消を

溝口「ムサシボウル」

コロナ下、運動不足解消を 文化

「健康教室」チャリティ開催

4月9日号

追悼の声、川崎からも

柔道・古賀稔彦さん急逝

追悼の声、川崎からも 社会

多大な功績に謝意

4月2日号

市民提案事業に4団体

高津区

市民提案事業に4団体 社会

学生向けセミナー開催など

4月2日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter