高津区版 掲載号:2020年12月4日号 エリアトップへ

東高津小創立70周年 「ひがたかっ子」の誇り胸に 記念式典は教室に生配信

教育

掲載号:2020年12月4日号

  • LINE
  • hatena
70周年を記念して撮影された航空写真
70周年を記念して撮影された航空写真

 川崎市立東高津小学校(齊野保史校長)で11月21日、創立70周年記念式典が開催された。感染症拡大防止のため当日はビデオでの発表などがメーンだったが、各教室への「ライブ配信」が行われ、歴代校長やPTAなどの来賓と共に、祝福ムードを共有していた。

「ひももの花」シンボルに

 東高津小学校は1950年(昭和25年)、児童数が2800名を超えマンモス校となっていた高津小学校から分離独立し児童数825名で開校。開校当初、工場の跡地で荒廃していた校庭を近隣住民や保護者が懸命に整地するなどといった苦難も、周囲のサポートで乗り越え地域と共栄。当時は春になると「ひもも」の花の香りが漂う田園風景が見られたことから、その桃の花を型どった校章が作られ、校歌の歌詞にも使われるなど、同校の大切なシンボルとして受け継がれている(題字横参照)。その一方、校区やその周辺の豊かな自然を活かした取り組みや、地域と一体となった教育活動などを推進し、現在では1000人を超える児童が通う大規模校へと成長。高津区における教育や文化の発信拠点としても、大きな役割の一翼を担っている。

新学校教育目標、標榜も

 また同校は2018年度(平成30年度)に「考えよう やってみよう みんなの本気が 明日への一歩」という新たな学校教育目標を標榜。子どもたちの「こんな”ひがたかっ子”になりたい!」や、地域・保護者・教職員の「こんな”ひがたかっ子”になってほしい」という願いからできたこの目標を大切にした各種プロジェクトを展開し、その成果が各方面から期待を集めている。

70周年を記念して制作された「地域副読本」
70周年を記念して制作された「地域副読本」

高津区版のトップニュース最新6

新規ワクチン「打ち止め」へ

高津市民館

新規ワクチン「打ち止め」へ 社会

今後「3回目会場」可能性も

10月22日号

逆境乗り越え、全国へ

坂戸小合唱団

逆境乗り越え、全国へ 文化

新メンバーで「一致団結」

10月22日号

水道の歴史、資料で探る

川崎市給水開始100年

水道の歴史、資料で探る 文化

溝口・ふるさと館で企画展

10月15日号

水位上昇に「警告灯」

平瀬川

水位上昇に「警告灯」 社会

東日本台風受け、区が導入

10月15日号

「プペル」バレエで表現

洗足学園大卒業生ら

「プペル」バレエで表現 文化

本日より動画公開

10月8日号

資源物持ち去り、罰金も

川崎市

資源物持ち去り、罰金も 社会

来年4月施行目指す

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook