高津区版 掲載号:2021年11月5日号 エリアトップへ

川崎北税務署の署長に7月に着任した 笠(りゅう) 秀則さん 久本在勤 60歳

掲載号:2021年11月5日号

  • LINE
  • hatena

最後の年、駆け抜ける

 ○…所得税の確定申告の件数が、県内でも上位という川崎北税務署。「きちんと円滑に進められるようにしたい」と先を見る。コロナ禍において、密を避けることは鉄則。だからこそ、自宅で手続きできる「e-Taxの利便性を知ってもらいたい」と力を込める。「若手が多く活発」と評する署員らとともに一丸となり取り組む。

 ○…11月11日から17日は、税を考える週間。「税は『とられる』という感覚になりがちだが、国の財政を支えるもの」。普段見慣れた橋や道路、街を守る警察や消防の活動も税で賄われている。「納めたものは生活に返っていることを認識してほしい」と理解を求める。毎年、中学生から募集する「税についての作文」にもじっくりと目を通す。「内容的にも踏み込んでいて、関心する」。納める立場になる前からの租税教育も重視している。

 ○…高校3年生のとき、税務職員の友人を持つ父親から同じ道を勧められた。「当時はどんな仕事かピンと来なかった」と苦笑。だが、厳しい研修を乗り越え、税や民法、簿記・会計の知識を身に付けた。「一度決めたらやる」と信念を持ち、目の前の仕事に立ち向かった。思い出深いのは長年関わった、酒税や酒類行政の部門。ワインの表示基準を定めた業務などに携わった。

 ○…気づけば40年税務職に従事しており、来年7月で定年退職を迎える。残り一年を切ったが、「将来を担う若手をきちんと育てたい」と意気込む。怒れない性格が長所であり、短所という。「ミスがあったとしても、怒るよりも原因究明が大事」と穏やかに語る。一方、「子どもにも全く怒らなかった。ほとんど妻にやってもらってました」。普段の顔が垣間見えた。

高津区版の人物風土記最新6

杉浦 修弥(おさみ)さん

区内にある「川崎市民プラザ」の館長を務める

杉浦 修弥(おさみ)さん

新作在勤 52歳

1月21日号

神園 佳昌さん

川崎青年会議所(JC)の第72代理事長に就任した

神園 佳昌さん

幸区在住 35歳

1月14日号

中村 昌子さん

江川せせらぎ遊歩道沿いの掲示板に手づくりの絵手紙を展示している

中村 昌子さん

子母口在住 86歳

12月24日号

尹駿皓さん(インジュンハウ)

高津区で初めての外国人神主となるため研鑽の日々を送る

尹駿皓さん(インジュンハウ)

新作在住 33歳

12月17日号

齋藤 優樹さん

久地の「北海道美唄コンテナショップ」の専任スタッフを務める

齋藤 優樹さん

北海道美唄市在住 33歳

12月10日号

伊東 理子さん

監督、顧問として男子駅伝部を初の全国大会に導いた

伊東 理子さん

西高津中学校勤務 31歳

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook