多摩区版 掲載号:2018年3月23日号 エリアトップへ

登戸土地区画整理事業について 市政報告 川崎市議会議員 三宅 隆介

掲載号:2018年3月23日号

  • LINE
  • hatena

 私は、平成30年第一回定例会にて、登戸土地区画整理事業について質疑に立ちました。以下、質疑の内容をご紹介いたします。

【登戸駅前広場の整備は予定どおりに】

 これまで私は「駅前広場の整備なくして、その街の発展はない」という観点から、登戸駅前広場の整備の重要性について指摘して参りました。

 駅前広場の整備は、交通利便性の向上のみならず、街の賑わいはもちろん、何よりも事業効果の早期発現をもたらすからです。

 そこで改めて、登戸駅前広場の早期完成に向け、予定どおり平成31年度には事業に着手できるのかどうか確認させて頂きました。

 所管局長である、まちづくり局長からは「予定どおり平成31年度を目途に事業に着手できるよう、引き続き取り組みを進めたい」との答弁を頂きました。


【当該事業初となった「収用」の効果】

 その翌年、川崎市として初めて土地区画整理法第77条が適用され、施行者たる川崎市が直接建築物等の解体を行うことになりました。

 まちづくり局長によれば、「77条を適用したことで、地区内全ての建築物等の解体が終了し、道路や宅地の工事を効率的に行うことができた」とのことでした。

 収容の効果は覿面だったようです。

【90街区周辺整備の重要性】

 登戸駅周辺の活性化のためには、今後は90街区周辺地区の事業推進が大変重要になろうかと考えます。この点については、まちづくり局も考えを共有しており、局としても「整備プログラムに基づき集団移転方式を活用し事業推進を図りたい」としています。

 なお、集団移転の実施に当たっては一定の範囲を定め、範囲内の建物の除却期限を設定し、建物所有者自ら建物を除却することが基本となりますが、もしも期限内に建物の除却に至らない場合には、登戸駅西側周辺地区と同様に、土地区画整理法第77条を適用し、施行者たる川崎市が直接建物を除却する直接施行も視野に入れるよう、まちづくり局長に強く要望したところです。

【体制強化で補償業務の増加に対応】

 最後に執行体制についてですが、登戸土地区画整理事務所は平成25年度から、補償交渉に精通した民間機関に業務の一部をアウトソーシングすることで、権利者との移転交渉に対応してきました。

 平成30年度は、前年に比べ移転する建物棟数や借家人を含めた権利者数も多く、補償業務の更なる増加が見込まれていることから、市職員9名に民間機関7名を加えた合計16名による新たな執行体制で事業を推進していくことになっています。

 多摩区の発展のためにも、これ以上の事業スケジュールの遅延は許されません。

 今後とも、独自の切り口で具体的かつ建設的な提言をして参ります。
 

三宅隆介

川崎市多摩区中野島3-15-38-403

TEL:044-934-3302

http://ryusuke-m.jp/

多摩区版の意見広告・議会報告最新6

三沢川周辺の浸水対策、示された取り組みと残された課題

市政報告

三沢川周辺の浸水対策、示された取り組みと残された課題

みらい川崎市議会議員団 露木 明美

5月1日号

新型コロナの影響を鑑み、市内中小企業への融資支援拡大

市政報告

新型コロナの影響を鑑み、市内中小企業への融資支援拡大

川崎市議会議員 上原まさひろ

3月20日号

十分な市民合意を得るには危機管理の組織強化必須

市政報告

十分な市民合意を得るには危機管理の組織強化必須

川崎市議会議員 上原まさひろ

3月13日号

新型コロナウイルス対策を万全に!

市政報告

新型コロナウイルス対策を万全に!

みらい川崎市議会議員団 露木 明美

3月6日号

大型台風・新型コロナ蔓延で見えた市の危機管理の補強の必要性

市政報告

大型台風・新型コロナ蔓延で見えた市の危機管理の補強の必要性

川崎市議会議員 上原まさひろ

3月6日号

地球温暖化対策に川崎市が率先して取り組みを

市政報告

地球温暖化対策に川崎市が率先して取り組みを

日本共産党 川崎市議会議員 井口まみ

3月6日号

あっとほーむデスク

  • 6月1日19:54更新

  • 5月28日18:06更新

  • 5月19日19:24更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月1日号

お問い合わせ

外部リンク