多摩区版 掲載号:2021年1月15日号 エリアトップへ

多摩区内5商店会 「SDGs」 掲示から始動 店頭にポスター、意識向上へ

経済

掲載号:2021年1月15日号

  • LINE
  • hatena
ポスターを手にする三平理事長
ポスターを手にする三平理事長

 多摩区商店街連合会(安陪修司会長)は今月から、国連が掲げるSDGs(持続可能な開発目標)を推進する取り組みを本格始動。SDGsの17項目の一つ「住み続けられるまちづくりを」に関連して、区内5商店会の店頭でポスター掲示を始める。

 貧困や環境汚染への対策など、2030年までに世界全体で達成すべき17の目標を示した「SDGs」。区商連では市民団体・多摩エコスタイルプロジェクト(本多正典代表)と連携し、SDGsの11番目の目標である「住み続けられるまちづくりを」に着目。商店会として地域で果たせる役割を考える中で、まずは各店舗や来店者に関心を持ってもらおうとポスター掲示を企画した。

独自の目標示す

 今回は、区商連の15商店会のうち5商店会が先行して取り組み、1月半ばから順次掲示。これまでも「エコポイントカード」の運用でエコ活動を推進してきた4商店会(区役所通り登栄会商店街振興組合、登戸東通り商店会、民家園通り商店会、生田中央商店会)に加えて、中野島商店会も新たに参加する。

 ポスターにはSDGsのアイコンのほか、商店会ごとの目標や取り組みを記載。登戸土地区画整理事業が進む登栄会では、「人に寄り添い、環境を大切に、安心して買い物ができる商店街をずっとずっと続けます!」と目標を掲げた。同会の三平雅美理事長は「区画整理後も『ずっと』続けていくということを考えた」と意図を語る。

 中野島商店会は「花でいっぱい」と記し、毎年5月と11月に中野島駅前の花壇の植え替えをしていることを発信。同会の太田政人会長は「商店会や町会、ボランティアの方たちと20年以上続けている活動。これからも継続していきたい」と思いを新たにする。

 約300枚のポスター作りや運営を担う多摩エコスタイルプロジェクトは、中心メンバー5人で活動。SDGs関連のイベント企画など、将来に向けて議論を進める。メンバーの三枝信子さんは「まずはポスターで知ってもらうことから。コロナ下でも商店街にとっていいきっかけになればうれしい」と思いを話す。

 今後は参加商店会を増やしつつ、来店者と対話しながら具体的な取り組みを模索していく。区商連の安陪会長は「商店会も頑張っていることを示せたら。お客さんも少しずつ関心を持って、協力しようという動きになると思う」と期待する。

SDGsの11番目の目標
SDGsの11番目の目標

多摩区版のトップニュース最新6

給食献立案が市長賞

菅中3年井熊さん

給食献立案が市長賞 教育

「午後も元気に」思い込め

1月15日号

「SDGs」 掲示から始動

多摩区内5商店会

「SDGs」 掲示から始動 経済

店頭にポスター、意識向上へ

1月15日号

「新様式」 対応へ結束強め

「新様式」 対応へ結束強め 政治

荻原区長 新年に意気込み

1月8日号

新たに区内16件決定

市地域文化財

新たに区内16件決定 文化

第3回 で計44件 市内最多に

1月8日号

多摩区の声、力に

明治大専修大

多摩区の声、力に スポーツ

箱根駅伝へ 応援263通

1月1日号

「利他」の心 好循環へ

「利他」の心 好循環へ 政治

福田市長、2021年を語る

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク