中原区版 掲載号:2019年2月22日号 エリアトップへ

クジラからのメッセージ 県政報告Vol.9 「かながわプラごみゼロ宣言」 神奈川県議会議員 川本 学

掲載号:2019年2月22日号

  • LINE
  • hatena

 昨夏、本県鎌倉市由比ガ浜で絶滅危惧種であるシロナガスクジラの赤ちゃんが打ち上げられたというニュースをご存知でしょうか。赤ちゃんクジラの胃の中からは、プラスチックごみが発見されました。私も毎年家族で県内の海水浴場を利用しておりますため、身近な海の出来事に驚かされました。

 SDGs未来都市(※注)である本県は、これを「クジラからのメッセージ」として受け止め、持続的な社会を目指す取り組みとして、「かながわプラごみゼロ宣言」を提起しました。深刻化する海洋汚染、特にマイクロプラスチック問題に取り組み、2030年までにできるだけ早期に、リサイクルされない、廃棄されるプラごみゼロを目指すこととしました。

 国連の広報センターによると、プラスチックの約9割がリサイクルされていないこと、毎年800万トンのプラスチックがごみとして海に流れ込んでいるとされています。プラスチックは海流・波によって、マイクロプラスチックと呼ばれる細かい破片となり、鳥や魚がエサと間違えて食べ、その魚などを私たちが食べることとなるのです。

 きれいな海と海洋生物の生態系、私達の食の安全を守るためにも、プラスチックが廃棄されることを早期に防ぐ必要があります。

 最近では、飲食店などでプラスチック製ストローを紙製ストローに切り替える取り組みも始まりました。私も県民の皆様のご理解とご協力を賜りながら、プラごみゼロを目指して推進してまいります。

※SDGs(SustainableDevelopment Goals)…2015年9月国連サミットで採択された持続可能な世界を実現するための開発目標

川本学

中原区田尻町12

TEL:044-201-7611

http://www.nakaharaku.com/

中原区版の意見広告・議会報告最新6

ドローン等活用した危険な崖地等の防災に資する調査を充実せよ(前編)

市政報告vol.71

ドローン等活用した危険な崖地等の防災に資する調査を充実せよ(前編)

川崎市議会議員 末永 直

4月9日号

予算審査特別委員会で質問しました

市政レポートVol.17

予算審査特別委員会で質問しました

川崎市議会議員 吉沢 直美

4月2日号

クラスターの温床、大阪と同じ轍を踏むな

市政レポートNo.131

クラスターの温床、大阪と同じ轍を踏むな

みらい川崎市議会議員団 おしもとよしじ

4月2日号

新型コロナウイルスワクチン接種体制構築へ

市政レポートNo.102

新型コロナウイルスワクチン接種体制構築へ

前健康福祉委員会委員長 原 典之

4月2日号

新型コロナ対策に積極提言‼

市議会報告 みらい川崎市議会議員団

新型コロナ対策に積極提言‼

3月26日号

ホームレスが減っている川崎市本市の自立支援活動の取り組み

市政報告

ホームレスが減っている川崎市本市の自立支援活動の取り組み

川崎市議会議員 松原しげふみ

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter