麻生区版 掲載号:2017年3月17日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

新百合ヶ丘南歯科 本格治療前の初期治療の重要性 衛生士もマイクロスコープ使用

衛生士がマイクロスコープを使い、ブラッシングの説明やクリーニングなどを行う
衛生士がマイクロスコープを使い、ブラッシングの説明やクリーニングなどを行う
 新百合ヶ丘駅徒歩3分の 「新百合ヶ丘南歯科」は口の中全体の環境を整え、長期維持させる根本的な治療を念頭に診療を行っている。

 同院の高山祐輔院長(日本顎咬合学会 咬み合わせ認定医)は「本格的な治療に入る前に、お口の中の環境を整えることで、治療後の虫歯や歯周病の再発のリスクを下げることができます。そのため、本格治療前のより確実で精密な初期治療が重要なため、歯科衛生士もマイクロスコープを使用しております」と話す。同院では、衛生士が初期治療の最初に虫歯や歯周病のメカニズムの解説を行い、画像や動画を記録できるマイクロスコープを使用してブラッシングの説明や歯石除去を毎回1時間かけ実施。「医院との協力体制で患者様が自ら考えて予防、セルフケアできる事をめざしています」

新百合ヶ丘南歯科

川崎市麻生区上麻生1-3-5ドレイク202

TEL:044-322-8037

http://www.sym-dc.jp

麻生区版のピックアップ(PR)最新6件

税理士が成功事例をズバリ解説「空家の実家」や「自宅」の活用法

子育てテーマに著名医師らが講演

保育の仕事相談会

関連40法人がブースを出展

保育の仕事相談会

1月19日号

口腔ケアで肺炎予防

元気なシニア世代に「”近居”のすすめ」

夫婦でも入居可能広めの住戸も特長的

元気なシニア世代に「”近居”のすすめ」

1月5日号

2月8日、遺言の書き方セミナー

県司法書士会川崎支部主催/後援 川崎市 参加無料

2月8日、遺言の書き方セミナー

1月5日号

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

伝統の「能楽」気軽に体験

伝統の「能楽」気軽に体験

市民館で全3回講座

1月30日~2月13日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第116回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(3)石造物〜道祖神 後編

    1月19日号

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第115回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(3)石造物〜道祖神 前編

    1月12日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月19日号

お問い合わせ

外部リンク