麻生区版 掲載号:2019年6月21日号 エリアトップへ

白山子ども図書館ほんの森で6月29日、父親の作品の朗読などを行う 米倉 日呂登(ひろと)さん 王禅寺西在住 60歳

掲載号:2019年6月21日号

  • LINE
  • hatena

これからも継承と創造を

 ○…俳優や演出家、絵本作家としても活躍した米倉斉加年(まさかね)さんの作品に触れる機会を、と6月29日に白山子ども図書館で、絵と朗読から見る「米倉斉加年のメルヘン」を開く。斉加年さんの息子として各地で行ってきたイベントだが麻生区では初の開催。「長く暮らす場所なのでもっと早く開催したかった。受け継いでいくものとしての芸術だと思うので多くの方に来てもらいたい」。

 ○…東京育ち。舞台俳優の子どもとして、稽古場が遊び場だった少年時代。「父親の名前が世に売れ出したのが中学生くらいの時だったので、それまでは何の仕事をしているのか説明するのが難しくて」と当時を振り返る。大学中退後、父親を追いかけるように劇団民藝へ。「拠点が青山から黒川に移った頃のこととかよく覚えています。都会が苦手だったのと舞台稽古に環境は関係ないと思っているので違和感はなかった」

 ○…2014年に他界した父親の仕事をまとめた冊子の発行や市民劇団を主宰し、ワークショップを行うなど芸術振興に精を出す日々。一方、近くで暮らす長女の子どもたちに夕食を作り、お風呂の世話をする献身的な「じいじ」の顔も。「今まで美味しいものを食べてきたから料理に自信はあります。孫たちも少しは懐いてくれているかな」と柔らかな表情を見せる。

 ○…今でも心にあるのは「継承なきところに創造なし、創造なきところに継承なし」との強い思い。演劇に携わってきた今までのキャリアを生かして地域に貢献できることとして考えているのは、芸術を引き継いでいく場づくり。「若い人が演劇の古典も学べる、背景などの研究ができる環境を作りたい。麻生区にはその土壌が十分あるし、今の時代に演技を学ぶことのメリットは大きいと思います」。

麻生区版の人物風土記最新6

川島 哲男さん

川崎野球協会の6代目会長を務める

川島 哲男さん

市内在住 83歳

9月18日号

佐藤 英行さん

電子紙芝居「からすの天国さがし」を制作した画家

佐藤 英行さん

王禅寺西在住 73歳

9月11日号

小林 貴子さん

あさお芸術のまちコンサート」に出演し「かわさきミュージックチャレンジ」を立ち上げた

小林 貴子さん

千代ヶ丘在住 52歳

9月4日号

田中 肇さん

今年度から麻生多摩美の森の会の会長を務める

田中 肇さん

高石在住 53歳

8月28日号

柳亭 市若(いちわか)さん(本名:野坂草馬)

今年2月に二つ目に昇進し、9月20日に「生田二つ目落語会」を開催する

柳亭 市若(いちわか)さん(本名:野坂草馬)

上麻生在住 34歳

8月21日号

鈴木 正孝さん

7月にオープンした「カワスイ 川崎水族館」の館長を務める

鈴木 正孝さん

都内在住 55歳

8月14日号

令和2年国勢調査を実施します!

日本に住んでいるすべての人が対象です。インターネットでの回答が便利です。

https://www.kokusei2020.go.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月11日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

  • 8月7日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月18日号

お問い合わせ

外部リンク