麻生区版 掲載号:2018年4月27日号 エリアトップへ

かわさき名産品 多摩・麻生で33商品 新規認定は12商品

経済

掲載号:2018年4月27日号

  • LINE
  • hatena
新規認定商品の一部、多摩川梨ジャム(右)と蒸ショコラ=市提供
新規認定商品の一部、多摩川梨ジャム(右)と蒸ショコラ=市提供

 川崎の観光振興や魅力PRを掲げた「かわさき名産品」を市が先月公表し、今年度は多摩区と麻生区で新規12商品を含む33商品が認定された。市全体では新規44商品、更新73商品の117商品。認定期間は2021年3月までの3年間になる。

 新規認定されたのは、多摩区が小島米店「宿河原の華」(日本酒)、洋菓子とジャムの店梨の木・碓井果樹園「梨ジャム」、はっぴわーく「多摩川梨ジャム」「キウイジャム」「ルバーブジャム」、青柳菓子舗「生クリーム入り遊米(ゆうめい)大福」。麻生区がニックナック「POETIC」(マルチケース・母子手帳ケース)、があでん・ららら「らららハーブティー」と「らららクッキー」、博進社「Colors,Future! 逆立ちこま」、ニコラス洋菓子店「くるみの丘」、イルフェジュール「蒸ショコラ」。2区から6商品ずつが選ばれた。認定が更新されたのは多摩区10商品、麻生区11商品だった。

 かわさき名産品は市内で生産、製造、加工、販売されている農作物を除く菓子や食品、民芸品が対象で、商品名や原材料に川崎ゆかりの要素があることが応募条件。市や川崎商工会議所、市観光協会などで構成する認定事業実行委員会が2004年から選考している。

 今回の選考から基準が緩和され、これまで1事業所につき2商品だった認定数の上限が3商品に拡大された。市担当者は「おしゃれな商品も多く、若い経営者からの応募が増えた。販売会『Buyかわさきキャンペーン』などを通じて、名産品をPRしていく」と話す。

 詳細は市観光協会の公式サイト「川崎日和り」内(【URL】http://k-kankou.jp/special)で公表。今年度の名産品を掲載した印刷物を、実行委は7月に発行する予定だ。

麻生区版のトップニュース最新6

初の単著で大臣新人賞

和光大学教授

初の単著で大臣新人賞 教育

越中おわら風の盆を描く

4月3日号

入学式 来週実施へ

市立学校

入学式 来週実施へ 社会

授業再開は検討続く

4月3日号

子年だけの観音開帳

星宿山王禅寺

子年だけの観音開帳 文化

12年に一度 4月1日から

3月27日号

新制度に相談急増

川崎市中小融資

新制度に相談急増 経済

コロナ窓口、半月で875件

3月27日号

国文化財に正式登録

二ヶ領用水

国文化財に正式登録 文化

川崎市 案内板新設へ補助金申請

3月20日号

親子向け行事ガイド完成

区民会議発市民団体

親子向け行事ガイド完成 教育

魅力知り「ふるさと」感じて

3月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月6日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク