麻生区版 掲載号:2022年1月1日号 エリアトップへ

俳優 地元で過ごしたすべてが糧 福士誠治さん(38才)=麻生区出身

社会

掲載号:2022年1月1日号

  • LINE
  • hatena
「麻生区は郊外のオアシス的な場所だと思う」と語る福士さん
「麻生区は郊外のオアシス的な場所だと思う」と語る福士さん

 麻生区の歩みと重なるように区内で育ち、20年前のデビューから、舞台、ドラマ、映画と幅広く活躍する。キャリアを重ねる中でも、「自然の中での体験や、麻生区で過ごしたすべての経験が今の活動に生きている」と、育ったまちへの思いは常に深くある。

麻生の山を駆ける

 市立東柿生小、市立柿生中を卒業。生まれてから二十代後半までを麻生区で暮らした。幼少期で真っ先に思い出すのは「山を駆け回ったこと」。早野の山や柿の実幼稚園の裏手で、鬼ごっこやクワガタ取りをして遊んだ。「東京に来て、『うちの地元って田舎なんだ』と思った」と笑みがこぼれる。「緑が多い中で過ごした経験は、大人になった今、改めて麻生区ならではだったなと思う」と追想する。

 小学校、中学校ともによく言われたのが「挨拶しましょう」という言葉。「昔ながらの風情で、帰り道に『今日はどうだった?』と話しかけてくれる大人も多く、地域で子どもを育てようという感覚だったのかもしれない」。何度も教えられたことは「今いるエンターテインメント業界でも、まずは挨拶が基本。根幹のコミュニケーションは地域の人たちが教えてくれた」。

「変わらぬ雰囲気」に愛着

 「昔からあるおもちゃ屋とか、あまり変わってない雰囲気が好き」という柿生。連続テレビ小説「純情きらり」の出演が決まっていた頃には、柿生のスーパーでアルバイトもしていた。

 先月公開した初作詞曲のリリックビデオには、中学の通学路で使っていた「おっ越し山」など、地元の風景が思い入れのある場所として使用されている。昨夏に、自ら現地で撮影した。

 コロナ禍前には、よく地元で同級生と飲みに行った。所属していた少年野球のコーチと居酒屋で偶然再会したことも。「『テレビ見てるぞ』と話しかけてくれてうれしかった」。少年野球のチームメイトの母親たちは団体で舞台を見に来てくれた。「関わっていた地元の人たちの応援があたたかく、ありがたい」

 エンタメに携わる今、「芸術のまち」を振興する麻生区に対し、「特に新百合ヶ丘は、両親を含め高齢の世代が近場で楽しめる場所があるのがいい」と思いを寄せる。新百合ヶ丘の映画館では舞台挨拶をしたこともある。「よく行っていた映画館に立つことなって、うれしくもあり、こっぱずかしくもあり」と照れくささもあった。またいつか、地元凱旋を願う。

 「いい意味で田舎っぽくて、遠くない距離感で帰れる場所」という故郷・麻生区。まちの未来については「緑と共存できる麻生区が素敵だと思う。土があり、穏やかな空気が流れるまちでいてほしい」と語る。

22年は「自分が楽しむ」

 舞台や初出演した大河ドラマなど「2021年は刺激的な作品が多かった」と振り返る。コロナの影響で公演中止になったものもあったが、「いろんなジャンルをやらせてもらった」と財産になった。活動の中でも、バンドの有観客ライブは「ソーシャルディスタンスを取りながらも、お客さんと同じ空間で、直接思いを届けられるのは素敵なことだと改めて思った」と振り返る。

 年明けからミュージカル、春にも舞台出演を控え、バンドの全国ツアーも予定する。今年の目標は「自分が楽しむこと」と宣言。「人と関わるのは楽しさも苦しさもあるが、ここ2年誰もが苦しい思いをしてきた分、みんなでハッピーな気持ちになりたい」。曇りのない言葉だ。

通学路として歩いていたおっ越し山の道
通学路として歩いていたおっ越し山の道
「街並みが変わらない」という柿生駅前
「街並みが変わらない」という柿生駅前

麻生区版のローカルニュース最新6

工作・体験楽しむ

工作・体験楽しむ 社会

「ぱうわう」に約150人来場

5月13日号

初心者向けZoom講座

初心者向けZoom講座 社会

5月23日 「支え合い」で

5月13日号

詐欺防止でお手柄

区内在住大学生

詐欺防止でお手柄 社会

麻生署が感謝状

5月13日号

風景や花の水彩画

風景や花の水彩画 文化

岡田ユキオさん作品展

5月13日号

ロボットと再出発の旅へ

ロボットと再出発の旅へ 文化

劇団四季 18日に川崎公演

5月13日号

加藤登紀子コンサート

加藤登紀子コンサート 経済

5月22日 クアーズテック秦野CH

5月13日号

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

約250種のバラ、可憐に

約250種のバラ、可憐に

「ローズオカガミ」22日まで

5月12日~5月22日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook