麻生区版 掲載号:2020年9月11日号 エリアトップへ

電子紙芝居「からすの天国さがし」を制作した画家 佐藤 英行さん 王禅寺西在住 73歳

掲載号:2020年9月11日号

  • LINE
  • hatena

一生、創造と美を追求

 ○…からすが仲の良いおばあさんを元気づけようと、天国をさがす物語。母への思いを込め、絵筆をとった。「これからはさらに高齢者社会が深刻になる。孤立した高齢者が思い悩まず、楽しく元気に過ごせれば」と願う。

 ○…柿生で生まれ育った。かやぶき屋根の家が点在する中を駆け回り、麻生川では泳ぎ、魚釣りを楽しんだ。「絵になる町でね、柿の季節になるとキャンパスを抱えた絵描きさんが良く歩いていたよ」と振り返る。絵を描くのは小さいころから好きで、中学生のとき、「美大に入ろう」と決心。希望通り武蔵野美術大へ進んだ。在学中から教授の紹介で松竹映画の美術を手伝うようになり、そのまま就職。図面を引き、セットを作るほか美術全般を担当。「カチンコの音が鳴り、カットの声がかかるまでの緊張感。たまらなかったね。あのピリピリする感じが好きだった」と笑う。映画業界の衰退もあり、事務職へ異動を機に建築士への道に進んだ。

 ○…描く情熱は失われず、大学卒業後も描き続けていた。40歳代のときに麻生区のシンボルマークにも選ばれ、地域にも貢献。本格的に絵を再開したのは50歳代になってから。65歳のときに上野の森美術館で東日本大震災を題材にした作品が大賞を受賞した。現在も二科会会員として活躍。

 ○…2019年春に生家でアトリエ柿落舎を立ち上げ、後進の指導も行っている。「優秀な人材を育てて、ここから飛び立ってほしいね」。制作活動への情熱は収まらず、絵画だけでなく立体にも挑戦する。野仏を作り始め、「今、土から掘り出されたような、そんな感じに仕上がれば」と楽しそうに話す。「美の追求は一生。まだまだ追及し続けるよ」。いつまでも進化は止まらない。

麻生区版の人物風土記最新6

藤本 智美(としみ)さん

「かわさきマイスター」に今年度認定された「エチエンヌ」オーナーシェフの

藤本 智美(としみ)さん

岡上在住 49歳

1月15日号

新井 文人さん

川崎青年会議所の第71代理事長に就任した

新井 文人さん

川崎区渡田山王町在住 36歳

1月8日号

今井 雄也さん

市民団体「あさおのSDGs」代表を務める

今井 雄也さん

上麻生在住 43歳

1月1日号

小野 さくらさん

災害時地域ネットワークづくりを進める「まごころキッチンプロジェクト」の代表を務める

小野 さくらさん

千代ヶ丘在住 44歳

12月4日号

小林 亜希子さん

麻生区内をはじめ全国で活躍する二胡奏者の

小林 亜希子さん

万福寺在住 

11月27日号

脇坂(わきざか) 泰斗さん

川崎フロンターレMFで背番号「8」を付けてプレーする

脇坂(わきざか) 泰斗さん

横浜市青葉区在住 25歳

11月20日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク