麻生区版 掲載号:2021年9月24日号 エリアトップへ

亡き母の「手まり」希望者に 千代ヶ丘の女性 呼びかけ

社会

掲載号:2021年9月24日号

  • LINE
  • hatena
約70個のさまざまな柄の手まり
約70個のさまざまな柄の手まり

 色鮮やかな複数の糸を幾重にもつむいで作られる「手まり」。古来から遊び道具として広まり、今では伝統工芸品、装飾品として親しまれている。今は亡き母親が制作した手まりを「大切にしてくれる方に差し上げたい」と千代ヶ丘在住の女性(68)は話す。

 もともと中国から伝わったと言われている「手まり」。明治時代にゴムまりが普及し始めてからは、遊び道具としてではなく贈り物や、手芸品として親しまれてきた。京都や米沢、松本など織物の糸の生産地では、余った糸を使って作成され、地域の伝統的な工芸品になっている。

 その手まりを趣味で手掛けていたのが、千代ヶ丘に住む女性の母親だ。多趣味で手先が器用だったという母親は、洋裁や鎌倉彫をたしなんでいた。25年程前に「手まり」に出合い、友人と新宿のカルチャー教室に通い始めた。

 球体の芯に木綿糸をかがり、いろいろな模様を浮かび上がらせる。自宅でコツコツと一つひとつ、時には幾日もかけて作成。直径3センチから12センチまで、さまざまな大きさの手まりをつくっていたという。女性は「友人の姪っ子の七五三で撮影のときに小物として使ってもらって、喜んでもらえたのを覚えています」と懐かしそうに語る。

 手まりづくりを10年ほど続けていたが、けがをしてから断念したまま、昨年10月に89歳で他界。作りためた大小70個の手まりが自宅に残された。「私もいなくなって、何も知らずに処分されることになったら母がかわいそう。だから、大切にしてもらえる方がいたら差し上げたい」と女性は話す。

 希望者は、高石地域包括支援センター【電話】044・959・6020。
 

麻生区版のローカルニュース最新6

校庭でポニーとふれあい

校庭でポニーとふれあい 教育

「寺子屋あさお」が麻生小で

10月15日号

記念講演「俳句を楽しむ」

記念講演「俳句を楽しむ」 文化

麻生区文化祭「俳句大会」で

10月15日号

新百合に全日本プロレス

新百合に全日本プロレス スポーツ

22日、初の主催大会

10月15日号

今季も「攻めて勝つ」

バレー女子NEC

今季も「攻めて勝つ」 スポーツ

山内主将が意気込み

10月15日号

多様性重視 残る課題

検証 福田市政㊦

多様性重視 残る課題 政治

継続・発展性の追求を

10月15日号

高齢者の就労を支援

高齢者の就労を支援 社会

川崎市シルバー人材センター

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ヤマユリの植え替え実演

ヤマユリの植え替え実演

11月10日 麻生市民館で

11月10日~11月10日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook