川崎区・幸区版 掲載号:2019年3月1日号
  • LINE
  • hatena

最年長勝利記録を更新した川崎競馬所属騎手の 森下 博さん 幸区小向仲野町在住 63歳

少年の心で夢を追う

 ○…現役最年長騎手として活躍。今年1月31日、川崎競馬場での多摩川オープンでは、63歳8カ月で通算2675勝目となる最年長勝利記録を更新した。「スタートが上手くいき、位置取りも良く、仕掛け処で馬もよく走ってくれた。イメージ通りのレースができた」と振り返る。昨年はケガなどもあり、引退も頭をよぎったが、「『勝ってからやめろ』と自分を信頼してくれたオーナー(馬主)の期待に応えられたことが嬉しかった」

 ○…埼玉県深谷市出身。中学2年生の時、学校のキャンプで行った長野県の湖での乗馬体験で馬と出会った。楽しくてしかたなく、持っていた小遣いを使い切るまで乗り続けた。その様子を見ていた牧場出身の中学の恩師の橋渡しで、師匠となる川崎競馬の井上宥藏調教師にスカウトされて下乗りに。師匠の靴磨きから始めた厳しい修行だったが、3、4カ月もすると普通に馬に乗れるようになり驚かれた。デビューは18歳で、初騎乗、初勝利の快挙。2004年の川崎記念(G1)の勝利は最も思い出深いレースの一つだ。

 ○…オフの時は勝負事から離れ、多摩川で釣りに興じる。夏場は釣れても釣れなくても朝から夕方まで、糸を垂らすことも。「釣りの時は集中して余計なことは考えない。好きな事に向かうときは無心だね」。水彩画もたしなみ、30歳くらいの時には馬の絵で賞を取ったこともある。

 ○…長く現役を続けられているのはとにかく馬に乗ることが楽しくて好きだから。その気持ちは今もキャンプで初めて乗った時と変わらない。「身体と相談し、気持ちが続く間はもう少し記録を作りたい。期待に応えなきゃと思える気持ちがあるうちはまだ乗れる。重賞もとりたいし、まだ夢を追うよ」

川崎区・幸区版の人物風土記最新6件

横山 友梨香さん

8代目「横浜スカーフ親善大使」に任命された

横山 友梨香さん

4月26日号

溝口 直樹さん

海上保安庁川崎海上保安署の署長を務める

溝口 直樹さん

4月19日号

金(キム) 眞(ジン)さん

メジャーデビューし、今月24日にCDをリリースする

金(キム) 眞(ジン)さん

4月12日号

関 敏秀さん

幸区長に就任した

関 敏秀さん

4月5日号

中村 紀子さん

かわさき歴史ガイド協会の理事長を務め、80人のガイドをけん引する

中村 紀子さん

3月29日号

佐々木 由佳さん

2月16日付で、女性として初の県宅建協会第9代事務局長に就任した

佐々木 由佳さん

3月22日号

川崎区・幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

  • 8月11日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月26日号

お問い合わせ

外部リンク