川崎区・幸区版 掲載号:2019年3月15日号 エリアトップへ

あっと驚く地名のヒミツ 市南部の町名など解説

経済

掲載号:2019年3月15日号

  • LINE
  • hatena
地名の由来を紹介する専門家らと、参加者たち
地名の由来を紹介する専門家らと、参加者たち

 川崎地名研究会(菊地恒雄会長)は、川崎市南部にある地名の由来や、歴史とのつながりを紐解くトークショー「地名はおもしろい」を2日、東海道かわさき宿交流館で開催し、75人が参加した。

 菊地会長をはじめ、同会の渋谷とめ子副会長、同会会員の荒金民雄氏、かわさき歴史ガイド協会理事長の中村紀子氏、川崎区誌研究会長の小泉茂造氏が登壇した。

 菊地会長は、以前川崎区に存在した古川通という地名の由来となった「古川」と、現在川崎区にある新川通りの由来、「新川」の関係性について解説した。かつて、二ケ領用水の水が溜まってできた「古川」は、今の川崎区にある川崎銀柳街から川崎銀座街を流れていた。「古川」が大雨のたびに溢れかえり、町が水浸しになることが問題視され、1650年、現在の日進町周辺にあった古川通耕地から水を海に放流するための水路を掘った。これが「新川」となった。新川は1933年からの区画整理で地下に埋設されたが、現在も新川通りの道路下を流れている。

 「南河原という町名が無くなった理由」、「町名と苗字の関係性」などのテーマも語られ、来場者たちは「地元に住んでいたのに全然知らなかった」と口を揃えた。

 菊地会長は「川崎には歴史ある地名が多く残っている。400年前についた地名が、現代の生活にも根付いていると知ってもらえれば」と話した。

 トークショーを主催した、川崎地名研究会による「川崎市南部の『地名とくらし』展」は31日まで、東海道かわさき宿交流館(川崎区本町1の8の4)で開催中(月曜休館)。

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

市の財政構造を分析

外国人窓口整備も特集

市の財政構造を分析 社会

市職労と自治研 白書を発刊

10月11日号

南美(みなみ)ちゃん 手術完了

拡張型心筋症

南美(みなみ)ちゃん 手術完了 社会

「命のバトン、守りたい」

10月11日号

子どもの現状、情報交換

子どもの現状、情報交換 教育

川崎区青少年指導員ら

10月11日号

加藤哲郎さん来たる

近鉄OB

加藤哲郎さん来たる スポーツ

 10・19から31年

10月11日号

アマ・プロ共演で寄席

アマ・プロ共演で寄席 文化

14日、幸文化センターで

10月11日号

りんたんスタンプ登場

りんたんスタンプ登場 社会

臨港バス

10月11日号

若宮八幡宮で水鳥の祭

若宮八幡宮で水鳥の祭 文化

オクトーバーフェストも

10月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

アマ・プロ共演で寄席

アマ・プロ共演で寄席

14日、幸文化センターで

10月14日~10月14日

川崎区・幸区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク