川崎区・幸区版 掲載号:2020年3月20日号 エリアトップへ

京急川崎駅駅長を務める 大久保 謙二さん 横須賀市在住 57歳

掲載号:2020年3月20日号

  • LINE
  • hatena

根っからの京急マン

 ○…「目配り・気配り・思いやり」を信念に、1日約13万人の乗降客数を誇る京急川崎駅の駅長を務める。半年前に着任した時、大師線のホームに降りるベビーカーの多さに、かつて抱いていた「職人の街」という川崎のイメージが「ファミリー層の街」へと大きく変わった。「京急川崎はイベントが多く、どの駅よりもお客さんと触れ合える駅。イベントを成功させ、沿線の活性化に努めていきたい」と意気込む。

 ○…鉄道が好きだったわけではなく、京急好き。三浦半島の相模湾に面した横須賀市秋谷で生まれ育った。三浦半島の交通と言えば赤いバス・電車の京急で、通学にもずっと使っていて愛着があった。高校卒業後、バスの運転手になりたかったが、募集がなかったために電車の道へ。当時の京浜逗子駅(現 逗子・葉山駅)勤務に始まり、車掌を2年勤めた後、運転士を10年、入れ替え運転主任を8年など乗務の仕事を長く務めてきた。「ずっと運転に興味があった。実は万が一、運転士の試験に落ちた時のために、バスの運転手になるための大型免許も取っていた」と明かす。

 ○…家族は妻と長男、長女、次男、義母の5人。趣味はたまにする釣りと競馬。祖父が漁師だったこともあり、船舶免許も持っていて定年後は船を買って釣りをしたいと思っている。若い頃に乗っていたオートバイもまた欲しい。「定年後はやることが多くてボケてる暇はない」と笑う。

 ○…部下には自分の仕事にプライドとポリシーを持ってもらいたいという。「お客様は我々に安心を求めている。そのために何をすべきか、それぞれの役割を考えて行動してもらいたい」。部下への激励の言葉に次代の京急マンを育てようという強い意志を感じた。

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

増田 宏之(あつし)さん

第21代川崎区長に就任した

増田 宏之(あつし)さん

東京都大田区在住 58歳

4月9日号

小林 雅代さん

平間中学校区地域教育会議主催の卒業記念花火大会実行委員長を務めた

小林 雅代さん

幸区古市場在住 37歳

4月2日号

植田 芳暁さん(本名:大串安広)

60年代のグループサウンズ人気を牽引した「ザ・ワイルドワンズ」のドラムスを務める

植田 芳暁さん(本名:大串安広)

県立川崎高校出身 73歳

3月26日号

片岡 一則さん

「体内病院」の研究リーダーを務める

片岡 一則さん

ナノ医療イノベーションセンター長 70歳

3月19日号

白石 裕子さん

発達障害のある子どもを持つ保護者で作る「星の子フレンズ」代表を務める

白石 裕子さん

川崎区大師本町在住 47歳

3月12日号

須山 守さん

そば職人として2020年度「かわさきマイスター」に認定された

須山 守さん

川崎区大師町在住 62歳

3月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク