川崎区・幸区版 掲載号:2020年10月23日号 エリアトップへ

11月2日にチャリティーコンサートを 開くソプラノ歌手 雨谷 麻世(あまがい まよ)さん 川崎区渡田新町出身 

掲載号:2020年10月23日号

  • LINE
  • hatena

原点の地での公演に意欲

 ○…「川崎は10歳まで過ごした故郷」。川崎市市民文化大使も務め、11月2日のミューザ川崎シンフォニーホールでのコンサートへの思いは特別だ。「ゆりがおか児童合唱団の友情出演など、川崎づくしのひと時にしていきたい。ホールが大きいのでダイナミックな曲目で包み込みたい」と意気込みをみせる

 ○…ソプラノ歌手として聴衆を魅了し続けて30年が過ぎた。「魂をゆさぶる 究極のクリスタルボイス」としてクラシックではルネッサンス、バロック、フランス歌曲を歌いこなし、幅広いジャンルをカバーするクロスオーバーの歌手だ。子どもの頃は水前寺清子さんが大好きで「小学校時代は校庭の朝礼台から『人生の応援歌』を歌っていました」と振り返る。北鎌倉女子学園に進学し声楽と出会ったが、当時はFMから流れるロックにも興味を持っていました」。音楽への関心の広さが、クロスオーバーのルーツかもしれない。

 ○…コンサートは環境チャリティーを兼ねる。96年からチャリティーコンサートに取り組み続けるが、原点は川崎区渡田新町にあるという。「下町的な雰囲気で近所の大人たちにも育ててもらい、心豊かな時代を過ごしました。子どもの頃に不幸な事情があって育つことはかわいそう」。そんな思いから子どもを支援。やがて緑が豊かな大地がないと、未来の子ども達も育たないと環境を支援するようになった。

 ○…各地での仕事を縁に、奈良県吉野町観光大使や長崎県五島市ふるさと大使などを務める。ユニークなのは、戦国時代の武将・宇喜多秀家のPR大使。歴女ではないと断りつつも「容姿端麗なイケメンで人柄も良かった。妻の豪姫と仲睦まじかった。知れば知るほどファンになりますよね」と瞳を輝かせた。
 

ご葬儀のセレモニアグループ

新しい生活様式に合わせたご葬儀をご提案します

https://www.sano-sousai.co.jp/

<PR>

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

青山 正明さん

臨港防火協会会長として安全安心のまちづくりに尽力する

青山 正明さん

川崎区川中島在住 88歳

11月27日号

脇坂(わきざか) 泰斗さん

川崎フロンターレMFで背番号「8」を付けてプレーする

脇坂(わきざか) 泰斗さん

横浜市青葉区在住 25歳

11月20日号

金岡 陽大(ようた)さん

東北空手道選手権大会一般無差別級で最年少優勝を果たした

金岡 陽大(ようた)さん

幸区神明町在住 16歳

11月13日号

伴 長江(ばん ながえ)さん

防犯栄誉金章を受章した幸防犯指導員会副会長の

伴 長江(ばん ながえ)さん

幸区塚越在住 79歳

11月6日号

溝井 直孝さん

明日、健康イベントを開催するNPO法人姿勢教育の孝心会理事長を務める

溝井 直孝さん

幸区塚越在住 47歳

10月30日号

雨谷 麻世(あまがい まよ)さん

11月2日にチャリティーコンサートを 開くソプラノ歌手

雨谷 麻世(あまがい まよ)さん

川崎区渡田新町出身 

10月23日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

ガーデン川崎の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは044-355-7700

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク