川崎区・幸区版 掲載号:2020年10月23日号 エリアトップへ

11月2日にチャリティーコンサートを 開くソプラノ歌手 雨谷 麻世(あまがい まよ)さん 川崎区渡田新町出身 

掲載号:2020年10月23日号

  • LINE
  • hatena

原点の地での公演に意欲

 ○…「川崎は10歳まで過ごした故郷」。川崎市市民文化大使も務め、11月2日のミューザ川崎シンフォニーホールでのコンサートへの思いは特別だ。「ゆりがおか児童合唱団の友情出演など、川崎づくしのひと時にしていきたい。ホールが大きいのでダイナミックな曲目で包み込みたい」と意気込みをみせる

 ○…ソプラノ歌手として聴衆を魅了し続けて30年が過ぎた。「魂をゆさぶる 究極のクリスタルボイス」としてクラシックではルネッサンス、バロック、フランス歌曲を歌いこなし、幅広いジャンルをカバーするクロスオーバーの歌手だ。子どもの頃は水前寺清子さんが大好きで「小学校時代は校庭の朝礼台から『人生の応援歌』を歌っていました」と振り返る。北鎌倉女子学園に進学し声楽と出会ったが、当時はFMから流れるロックにも興味を持っていました」。音楽への関心の広さが、クロスオーバーのルーツかもしれない。

 ○…コンサートは環境チャリティーを兼ねる。96年からチャリティーコンサートに取り組み続けるが、原点は川崎区渡田新町にあるという。「下町的な雰囲気で近所の大人たちにも育ててもらい、心豊かな時代を過ごしました。子どもの頃に不幸な事情があって育つことはかわいそう」。そんな思いから子どもを支援。やがて緑が豊かな大地がないと、未来の子ども達も育たないと環境を支援するようになった。

 ○…各地での仕事を縁に、奈良県吉野町観光大使や長崎県五島市ふるさと大使などを務める。ユニークなのは、戦国時代の武将・宇喜多秀家のPR大使。歴女ではないと断りつつも「容姿端麗なイケメンで人柄も良かった。妻の豪姫と仲睦まじかった。知れば知るほどファンになりますよね」と瞳を輝かせた。
 

<PR>

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

梅本 誠さん

エンタメ集団「川崎セブンスター」の代表を務める

梅本 誠さん

川崎区中瀬在住 63歳

10月22日号

高田 健二さん

全日本ベテランテニス選手権の男子85歳以上ダブルスの部で優勝した

高田 健二さん

幸区神明町在住 85歳

10月15日号

中村 博基(ひろもと)さん

大師稲荷神社の宮司に就任した

中村 博基(ひろもと)さん

川崎区中瀬在住 41歳

10月8日号

藤原 優子さん

香辛子レシピコンテストで最優秀賞を受賞した

藤原 優子さん

川崎区小田在住 36歳

9月24日号

向坂(さぎさか) 光浩さん

川崎アゼリアの代表取締役社長を務める

向坂(さぎさか) 光浩さん

多摩区在住 60歳

9月17日号

蛯原 帆奈海さん

若者の地域活動を支援する市民団体「川崎ワカモノLab」の共同代表を務める

蛯原 帆奈海さん

幸区南加瀬在住 22歳

9月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook