川崎区・幸区版 掲載号:2021年3月26日号 エリアトップへ

60年代のグループサウンズ人気を牽引した「ザ・ワイルドワンズ」のドラムスを務める 植田 芳暁さん(本名:大串安広) 県立川崎高校出身 73歳

掲載号:2021年3月26日号

  • LINE
  • hatena

生涯音楽「進化し続けたい」

 ○…4バンド掛け持ちし、年60本行っていたライブ活動は激減。「自粛が始まって3日間は茫然としていた。でもこんなに時間ができたのは初めて。今やれることを」とすぐに自身のバンドのアルバム制作に没頭。夏からは、ザ・ワイルドワンズでライブ配信を始めると、シニア世代から続々と感謝の便りが届くように。「お客様あってのプロ。喜んでもらえて嬉しい」と目を細める。

 ○…西加瀬(中原区)で生まれ育った。日吉小6年で、合唱コンのメンバーに抜擢され、音楽に出合う。県立川崎高校に入学してから活動を本格化。初めて聴いたジャズにしびれ、仲間とジャズオーケストラを結成。独学でドラムスを学んだ。「他校の学園祭に引っ張りだこ。テレビ局に取材されたこともあった」と懐かしむ。卒業後、浪人しながら川崎駅近くのダンスホールでアルバイトしていると、後にバンドリーダーとなる加瀬邦彦氏が噂を聞きつけ、スカウトに。「大学に通いながらでも良いなら」と加入。1966年、加山雄三ショーの出演を機に瞬く間にブレイクした。

 ○…全盛期は実家にファンが押しかけていたため都内暮らしだったが「やっぱり地元が落ち着く」と微笑む。今は弟と二人暮らし。別に住む弟とも集まって釣りをするのがブームだ。コロナ前、母校や町会の行事に出演したことも。「喜んでもらえて。これだから音楽は止められないよ」

 ○…流行りの楽曲は必ずチェック。創作活動の糧にしている。20代で初めて曲を作った時の感動は忘れない。「思いを込めた作品が一生残る。この時に音楽を続けようと決めた」。「人生の伴侶」とも言える音楽に変わらず向き合う日々。「過去の名声の切り売りはいや。現役である以上、進化し続けたい」

<PR>

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

梅本 誠さん

エンタメ集団「川崎セブンスター」の代表を務める

梅本 誠さん

川崎区中瀬在住 63歳

10月22日号

高田 健二さん

全日本ベテランテニス選手権の男子85歳以上ダブルスの部で優勝した

高田 健二さん

幸区神明町在住 85歳

10月15日号

中村 博基(ひろもと)さん

大師稲荷神社の宮司に就任した

中村 博基(ひろもと)さん

川崎区中瀬在住 41歳

10月8日号

藤原 優子さん

香辛子レシピコンテストで最優秀賞を受賞した

藤原 優子さん

川崎区小田在住 36歳

9月24日号

向坂(さぎさか) 光浩さん

川崎アゼリアの代表取締役社長を務める

向坂(さぎさか) 光浩さん

多摩区在住 60歳

9月17日号

蛯原 帆奈海さん

若者の地域活動を支援する市民団体「川崎ワカモノLab」の共同代表を務める

蛯原 帆奈海さん

幸区南加瀬在住 22歳

9月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook