町田版 掲載号:2012年4月26日号
  • googleplus
  • LINE

首都直下地震報告書を発表 「町田で震度6強」 被害想定見直し 死者10倍に

社会

 東京都防災会議地震部会は18日、東日本大震災を踏まえ全面的に見直しをしていた「首都直下地震による東京の被害想定」の報告書を公表した。新たに発表した被害想定では、町田市がこれまで想定していた死者数が10倍増となった。

 今回の見直しでは、これまで想定していた東京湾北部地震(M7・3)と多摩直下地震(同)の首都直下地震を再検証し、それに加え元禄型関東地震(M8・2)、立川断層帯地震(M7・4)を追加した。報告書によると4つの地震モデルのうち、元禄型関東地震が発生した場合、町田市内では、ほぼ全体で震度6強の揺れが襲うとし、震度7を観測する地域も指摘された(=図)。

 町田市はこれまでに、2006年5月の同地震部会の報告を受けて防災計画を立て、10年にも一部改正している。地域防災計画では再検証前の多摩直下地震(M7・3とM6・9)と東京湾北部地震(同)を基に、被害想定もしている。多摩直下地震の方がより甚大な被害をもたらすとし、死者は55人(火災、急傾斜地崩壊など)、負傷者1832人(うち重傷者190人)との想定となっている。また帰宅困難者は約47000人。

 今回の見直しでは各区市町村の被害想定も報告され、町田市ではより甚大な被害をもたらすとする元禄型関東地震では、死者564人、負傷者6919人(うち重傷者981人)との被害想定が報告され、市が想定している死者55人の10倍増となった。また町田駅の帰宅困難者想定は約59000人(駅周辺4平方キロメートル圏)。

 これまでの防災計画では建物全壊棟数は745棟、焼失棟数は2637棟としていたが、今回の報告書では最大8500棟が全壊し、7609棟が焼失するとしている。

地域防災計画大幅見直し都から詳細な情報集める

 都は被害想定の結果を踏まえ、9月までに東京都地域防災計画を修正する(素案のとりまとめ)。それを受けて町田市は町市地域防災計画の見直し作業を進める。これまで東日本大震災を受けて地域防災計画を見直しているが、「報告書を受け、都と数字や地域など細かい打ち合わせをこれから行う予定。地震規模、被害想定など大幅に変わったので、様ざまな部署と連携し、防災計画を見直ししていきたい」と話している。
 

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版のトップニュース最新6件

教育の情報化を推進

町田市

教育の情報化を推進

2月15日号

乗合タクシー運行

相原地域

乗合タクシー運行

2月15日号

「厳しさと優しさ」の親方に

北太樹引退

「厳しさと優しさ」の親方に

2月8日号

大賞は最年少18歳の高専生

ビジネスプランコンテスト

大賞は最年少18歳の高専生

2月8日号

ごみについて考えよう

3R推進イベント

ごみについて考えよう

2月1日号

火災件数100下回る

町田消防署

火災件数100下回る

2月1日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク