町田版 掲載号:2012年12月20日号
  • googleplus
  • LINE

市民文学館ことばらんど 「まほろ町」展示中 三浦しをん原作のドラマ放送を記念

「まほろ駅前番外地」製作委員会2013
「まほろ駅前番外地」製作委員会2013

 町田出身の直木賞作家・三浦しをん氏の『まほろ駅前番外地』のドラマ放送を記念して、町田市民文学館ことばらんど(原町田4の16の17)で企画展『まほろの〈住人十色〉展』が開催されている。

 「まほろ駅前番外地」は同氏が2006年に直木賞を受賞し、その後映画化された「まほろ駅前多田便利軒」のシリーズ2作目にあたり、2013年1月11日から毎週金曜日、深夜0時12分スタートでテレビ東京系列でドラマ放送されることになった。「まほろ町」は町田をモデルにした架空の町で、同ドラマや前作の映画では町田駅周辺がロケ地として使われた。今回のイベントはそのドラマ放送を記念して企画されたもので、2013年3月31日(日)まで開催。観覧は無料。

 同館1階文学サロンにはドラマの写真パネルや衣装を展示。閲覧室には小説に関する資料が展示されている。また、期間中いつでも参加できるイベントとして「まほろ検定・番外地編」を開催。検定問題で全問正解すると記念品がもらえる。

 ほかに関連事業として、1月27日(日)の午後2時から三浦しをん氏と翻訳家・池田真紀子氏による特別対談が企画される。こちらは定員80人で12月22日(土)から町田市イベントダイヤル【電話】042・724・5656へ申し込みが必要。

 また、2月26日(火)、3月10日(日)の午後2時から3時まで、町田駅周辺の同シリーズに登場する場所を歩く「まほろ散歩」を開催する。こちらは定員20人で申し込みは不要。

 同氏は「(来場者には)町田とまほろ、現実と架空に存在する二つの町を、身近で刺激的な『場所』として発見してくれたらうれしい」とコメントしている。

 企画展の問合せは同館【電話】042・739・3420へ。
 

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版のトップニュース最新6件

教育の情報化を推進

町田市

教育の情報化を推進

2月15日号

乗合タクシー運行

相原地域

乗合タクシー運行

2月15日号

「厳しさと優しさ」の親方に

北太樹引退

「厳しさと優しさ」の親方に

2月8日号

大賞は最年少18歳の高専生

ビジネスプランコンテスト

大賞は最年少18歳の高専生

2月8日号

ごみについて考えよう

3R推進イベント

ごみについて考えよう

2月1日号

火災件数100下回る

町田消防署

火災件数100下回る

2月1日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク