町田版 掲載号:2015年9月25日号 エリアトップへ

認知症ケアのため拠点機関 鶴川サナトリウム病院 都から指定

社会

掲載号:2015年9月25日号

  • LINE
  • hatena
指定を受けた鶴川サナトリウム病院(提供写真)
指定を受けた鶴川サナトリウム病院(提供写真)

 IMSグループ医療法人財団明理会「鶴川サナトリウム病院」(小田切統二病院長)がこのほど、東京都から『認知症疾患医療センター』に指定された。今後、認知症の鑑別診断を行い、医療・介護・生活支援などの必要な支援に結び付け、行政とともに地域の医療・介護関係機関とのネットワークを推進していく。町田市内で初。

 認知症疾患医療センターとは、認知症の人が状態に応じて適切な医療・介護・生活支援などを受けられる体制を各区市町村で構築するために、都が作った制度。これまでは、都内12の医療機関を「地域拠点型認知症疾患医療センター」に指定し、認知症対策を行ってきたが、各区市町村の設置することにより、医療体制の充実を図ろうというもの。

 今回指定された29の医療機関は、地域拠点型に対して地域連携型として区別される。南多摩地域の地域拠点型は八王子市の平川病院。

ネットワーク充実拡大

 鶴川サナトリウム病院ではこれまでも、「精神科・老年精神科」と「内科・老年内科」を併設し、認知症の専門的治療と老年内科疾患を同時に治療してきた。また地域ネットワークでも鶴川地区を担当する鶴川第1・第2高齢者支援センターとも協力関係を築いてきたが、指定を受けたことにより、町田市全域の高齢者支援センターとのネットワークを強化し、認知症初期集中支援チームなどの認知症関連事業にも、より一層携わっていくことになる。

早期発見早期治療

 認知症は、早期発見・早期治療により進行を遅らせることができる病気。今回の指定制度も、早期発見・早期治療が目的となる。また出来るだけ住み慣れた地域暮らし続けられるために、地域の理解や家族へのケアが必要されている。同院は「早期発見、早期治療がこの制度の目的でもあるため、治療はもちろんですが、啓蒙活動にも力を入れていきたい。家族へのケアにも積極的に力を入れていきたい」と話し、市が行うもの忘れ相談会に精神科の医師を派遣するという。

南多摩斎場見学&懐石ランチ試食

懐石ランチ無料。香典返し試食や新茶・旬の野菜プレゼントなど嬉しい内容盛り沢山

https://www.toresere.com/

<PR>

町田版のトップニュース最新6

選挙契機に地域盛り上げ

選挙契機に地域盛り上げ 社会

「投票所はあっち」の矢印掲げ

1月20日号

住民主導で空き家活用

玉川学園・南大谷地区

住民主導で空き家活用 社会

多世代交流の場に

1月20日号

市内4811人か新成人に

市内4811人か新成人に 社会

成人式、会場開催2年ぶり

1月13日号

都知事 多摩地域を語る

年頭インタビュー

都知事 多摩地域を語る 社会

「多世代が快適に暮らす環境に」

1月13日号

「受診控え」に注意喚起

町田市歯科医師会

「受診控え」に注意喚起 社会

超高齢社会へ向けた取組も

1月6日号

デジタル化 支援と推進

会頭インタビュー

デジタル化 支援と推進 経済

コロナ下で会員増

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月2日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地域共生社会の実現へ

まちだDポータル2021

地域共生社会の実現へ

各事業所の発表をWEB配信

2月12日~2月12日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook