町田版 掲載号:2016年3月31日号 エリアトップへ

和光大学 産学連携し地域活性 西武信金と協定締結

社会

掲載号:2016年3月31日号

  • LINE
  • hatena
伊東達夫学長(左)と落合寛司理事長
伊東達夫学長(左)と落合寛司理事長

 和光大学(金井町・伊東達夫学長)はこのほど、西武信用金庫(中野区・落合寛司理事長)と「地域の活性化と産業の振興を図るため相互に協力し、地域社会の発展に寄与すること」を目的に、包括的連携・協力に関する協定を結んだ。24日には同大学長室に両者が揃い、協定書への署名、交換を行った。同大が金融機関と協定を結ぶのは初めて。

 和光大学は立地する地元・地域の結びつきを大切にしており、地元の祭りへ学生の協力、学生サークルによる鶴見川とその周辺の環境保全、そして数多くの地域連携の授業や市民講座などを開いてきた。4月1日には、これまでの「地域・流域共生センター」や「大学解放センター」などを発展的に統合し、より組織化した「地域連携研究センター」を発足する。

 地域連携研究センターでは、これまでに別々の活動を行ってきた教授や学生の団体に対しワンストップの窓口を設ける。地域から協力などの要望があった際、スムーズに対応できるようになり、地域活性化へさらなる効果が期待される。

双方の強み活かす

 各自治体や民間企業、NPO、大学など1000を超す連携先を持つ西武信金。和光大のまちづくりシンポジウムに参加した際に「双方の強みを活かせる」と同大との連携を決めた。これまでもインターンシップ就業支援などで、学生と中小企業をつなぎ、また起業を考える学生に対し投資を行っている。同信金の落合理事長は「連携を通じ、『学生のマンパワーやユニークな発想』『教授・専門家の知識』から様々な課題を解決し、新たなビジネスを生み出せる」と、互いの「新たな出発」に期待を寄せている。

町田版のトップニュース最新6

市内4811人か新成人に

市内4811人か新成人に 社会

成人式、会場開催2年ぶり

1月13日号

都知事 多摩地域を語る

年頭インタビュー

都知事 多摩地域を語る 社会

「多世代が快適に暮らす環境に」

1月13日号

「受診控え」に注意喚起

町田市歯科医師会

「受診控え」に注意喚起 社会

超高齢社会へ向けた取組も

1月6日号

5位目指し、準備万端

法政大学陸上競技部

5位目指し、準備万端 スポーツ

箱根駅伝 明日2日号砲

1月1日号

第2の人生、新たなトライ!

新 春寅年企画

第2の人生、新たなトライ! スポーツ

オリンピアン 関根花観さん

1月1日号

デジタル化 支援と推進

会頭インタビュー

デジタル化 支援と推進 経済

コロナ下で会員増

1月1日号

『町田独立宣言』

町田への愛と危機感を込めた渾身の一冊。今春、町田市内書店にて発売予定!

https://ameblo.jp/takahiro0938/

「終活」なるほど教室開催中

終活のプロ行政書士によるおひとりさまの終活&エンディングノートの書き方講座

https://www.e-nagataya.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月2日0:00更新

  • 11月25日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地域共生社会の実現へ

まちだDポータル2021

地域共生社会の実現へ

各事業所の発表をWEB配信

2月12日~2月12日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook