町田版 掲載号:2016年5月26日号 エリアトップへ

町田動物愛護の会 「命の大切さ伝えたい」 ボランティア市民が結束

社会

掲載号:2016年5月26日号

  • LINE
  • hatena
会のメンバー。「一緒に活動してくれる会員さんも大募集中です」と呼びかける(20日)
会のメンバー。「一緒に活動してくれる会員さんも大募集中です」と呼びかける(20日)

 動物の適正な飼育と動物愛護気風の確立を目指し活動する市民団体「町田動物愛護の会」が、一般市民に活動をより身近に感じてもらおうとイベントを開催する。「町田動物愛護のつどい2016」は5月29日(日)、小田急町田駅ビル東口広場(カリヨン広場)で午後2時〜5時。

 神奈川県が2014年、県内の動物保護センターでの犬猫の殺処分ゼロを達成、次いで熊本市などその他の自治体でも達成を発表、全国的に動物愛護の機運が高まっている。

 町田市保健所生活衛生課によると町田市での保護動物の殺処分数は、2014年度が14件(犬2頭・猫12匹)、2015年度が8件(犬1頭・猫7匹)、今年は0件(5月20日現在)と年々減少傾向にある。

 数字の内訳はいずれも『危険動物(極度の噛み癖があ個体など)』、または『負傷動物(交通事故などにあい引き取られた個体)』のもの。”殺処分”という言葉から連想される「飼い主をなくした動物が処分される」という事例は町田市においてはないという。保健所担当者はこの一定の成果を「ボランティア市民や団体、多くの協力者の方々の協力があります」と話す。

減少の背景にボランティア活動

 そもそも保健所に殺処分設備はない。通常、保健所に収容された動物は7日ほど引き取り手を探し、見つからない場合、専門機関の東京動物愛護センター(町田は多摩支所=日野市)に移送される。この「移送前」の段階で、行政から連絡を受け活躍するのがボランティア。いち早く動物を保護し「譲渡会」などイベントを企画、これが全国の殺処分減少背景にある。

 町田動物愛護の会(下地景子会長)も市内で活動するボランティア組織の一つ。主な活動は、毎月第4日曜日に保健所駐車場での里親募集や、犬糞の清掃活動キャンペーンなど。全国的にも保健所の会場を使ってという行政と連携した継続的なイベントは少ない。

 今週末29日に開催されるのは年に一度の啓発イベント「まちだ動物愛護のつどい2016」。「しつけデモンストレーション」や「手入れコーナー」、「獣医師さん相談」の他、「譲渡会」(午後3時〜)を予定する。「少しでも関心をもってもらい、動物たちのためになれば嬉しい」と下地会長は話している。(問)同会事務局【携帯電話】090・1709・2321

町田版のトップニュース最新6

市内4811人か新成人に

市内4811人か新成人に 社会

成人式、会場開催2年ぶり

1月13日号

都知事 多摩地域を語る

年頭インタビュー

都知事 多摩地域を語る 社会

「多世代が快適に暮らす環境に」

1月13日号

「受診控え」に注意喚起

町田市歯科医師会

「受診控え」に注意喚起 社会

超高齢社会へ向けた取組も

1月6日号

5位目指し、準備万端

法政大学陸上競技部

5位目指し、準備万端 スポーツ

箱根駅伝 明日2日号砲

1月1日号

第2の人生、新たなトライ!

新 春寅年企画

第2の人生、新たなトライ! スポーツ

オリンピアン 関根花観さん

1月1日号

デジタル化 支援と推進

会頭インタビュー

デジタル化 支援と推進 経済

コロナ下で会員増

1月1日号

『町田独立宣言』

町田への愛と危機感を込めた渾身の一冊。今春、町田市内書店にて発売予定!

https://ameblo.jp/takahiro0938/

「終活」なるほど教室開催中

終活のプロ行政書士によるおひとりさまの終活&エンディングノートの書き方講座

https://www.e-nagataya.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月2日0:00更新

  • 11月25日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地域共生社会の実現へ

まちだDポータル2021

地域共生社会の実現へ

各事業所の発表をWEB配信

2月12日~2月12日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook