町田版 掲載号:2017年4月27日号 エリアトップへ

全米学生チアダンス選手権 玉川JULIASが連覇 ダブル受賞も“挑戦”忘れず

スポーツ

掲載号:2017年4月27日号

  • LINE
  • hatena
青空と目の前に海が広がるフロリダ州デイトナビーチの最高の舞台で栄冠に輝くJULIAS。昨年の優勝チームというプレッシャーすら力に変え、全員で勝ち取った(写真/玉川学園広報課提供)
青空と目の前に海が広がるフロリダ州デイトナビーチの最高の舞台で栄冠に輝くJULIAS。昨年の優勝チームというプレッシャーすら力に変え、全員で勝ち取った(写真/玉川学園広報課提供)

 映画「チア★ダン」がヒットするなど、今注目を集めるチアダンス。そんな中、玉川大学(小原芳明学長)のダンスドリルチーム「JULIAS」が、本場アメリカで6、7日に行われた全米チアダンス学生選手権に出場し、”チーム パフォーマンス ディビジョンII”部門で昨年に続き第1位を獲得した。さらに、優れた振り付けや構成のチームに贈られる”コレオグラフィー賞”も同時受賞し、連覇という快挙に華を添えた。

 チアダンス競技の本場アメリカでも最高レベルの大会といわれる「NCA&NDA カレッジエイトチアダンス チャンピオンシップ」。JULIASが出場した「ディビジョンII」部門は在籍者数5千人〜1万人規模の大学がエントリー。初日の予選には10チームが出場し、2位に0・382ポイント差をつけて1位通過。しかしここで守りに入らず、「もっと上を目指す」攻めの姿勢で翌日の決勝に臨む。予選の振り付けをぎりぎりまで調整し、決勝では約2ポイント上げ、9・613ポイントという高得点で2位との差をさらに広げて優勝した。

 昨年は予選で2位との差が0・02という僅差だったが、点差を広げても最高のパフォーマンスを目指してチームとしての完成度を求めるところに今年のチームの強さがある。また、もっとも斬新な振り付けのチームに贈られる「コレオグラフィー賞」も同時受賞し、目標としていた2連覇だけでなく、これ以上ない最高の形で大会を締めくくった。

上を目指して成長

 「決勝に向けて振り付けを変えたのはみんなの意思だった」と振り返る山田里菜コーチ。今大会に出場した16人の選考には初めて面接を導入した。演技力、実力はもちろん、「なぜアメリカに行くのか」という強い思いを求めた。決勝での最後の演技まで、上を見続けたメンバーは気持ちを一つに持っている力を出し切った。次の目標は秋に開催される「日本学生チアダンス選手権」。ここでもおごることなく、挑戦者としてさらなる質の高みを目指す。
 

<PR>

町田版のトップニュース最新6

町田に寄り添う場広げ

がんママカフェ

町田に寄り添う場広げ 社会

市内在住2人の思いかなう

6月24日号

65歳以上の35%が接種

町田市ワクチン

65歳以上の35%が接種 社会

集団接種スムーズに

6月24日号

SDGs推進に向けて

町田JC

SDGs推進に向けて 社会

企業・教育・行政視点で考察

6月17日号

2028年開通目指す

鶴川駅周辺南口道路

2028年開通目指す 社会

町田・川崎 両市が連携

6月17日号

ラポール千寿閣が閉館

57年の歴史に幕

ラポール千寿閣が閉館 社会

コロナ禍で苦慮 8月末で

6月10日号

テイクアウトマップ作成

栄通り商店会

テイクアウトマップ作成 社会

会員の飲食店を応援

6月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter