町田版 掲載号:2017年9月7日号
  • googleplus
  • LINE

ふるさと納税 町田市4億円の損失 2017年度の見通しを発表

経済

市のホームページでもパンフレットを入手できる
市のホームページでもパンフレットを入手できる

 町田市はこのほど、本年度の「ふるさと納税」による個人住民税の流出が一段と増え、損失額が4億円になるとの見込みを示した。全国の自治体間での返礼品競争の中、町田市はその競争に加わらず、石阪丈一町田市長は「制度自体がおかしい」と話している。

 2016年度の町田市への寄付額は約4000万円で、控除額は約2億8000万円だったので、損失額は2億4000万円以上になった。

 2017年度は寄付額は6000万円程度、そして控除額は4億6000万円と推計しており、4億円の損失になる見通し。

 町田市は過度なサービス合戦になっている返礼品競争には加わらず、市内の名産品などを中心に返礼品を設定している。また使い道も明示し、返礼品によるサービスだけでなく、町田市への思いをカタチにするための方法として「ふるさと納税」を位置付けている。

 使い道は「子ども・子育て・教育・生涯学習」や、「高齢者・障がい者・健康・医療など」、「産業振興・文化スポーツ振興など」、「交通・住環境」など分野によって寄付金の活用例をあげている。

 加えて具体的な利用方法も明示している。子どもたちがホームタウンチームの選手・スタッフのスポーツ教室に参加でき、身近にプロスポーツを感じてもらおうと「トップアスリートと子どもたちをスポーツでつなぐ」サービスや、「町田市立国際版画美術館に『歌麿』を呼ぼう」と歌麿作品の購入に充てられる使い道などがある。

 町田市のふるさと納税についての問合せは町田市財政課【電話】042・722・3111(代表)へ。
 

町田版のトップニュース最新6件

手話で夢の大切さ語る

洋画家八木道夫氏

手話で夢の大切さ語る

2月22日号

100歳で麻雀愉しむ

南大谷在住塚田繁代さん

100歳で麻雀愉しむ

2月22日号

教育の情報化を推進

町田市

教育の情報化を推進

2月15日号

乗合タクシー運行

相原地域

乗合タクシー運行

2月15日号

「厳しさと優しさ」の親方に

北太樹引退

「厳しさと優しさ」の親方に

2月8日号

大賞は最年少18歳の高専生

ビジネスプランコンテスト

大賞は最年少18歳の高専生

2月8日号

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

今、求められる学力とは

参加費無料

今、求められる学力とは

地域教育サポーター入門講座

2月27日~3月16日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月22日号

お問い合わせ

外部リンク