町田版 掲載号:2017年10月5日号
  • googleplus
  • LINE

衆院選東京23区 4人が出馬の意向 各陣営 臨戦態勢に

政治

 9月28日に解散された衆議院は、10月22日 の投開票(10日公示)に向けて、事実上の選挙戦に突入した。政局が大きく変化する中での選挙戦が予想され、町田市を選挙区とする東京23区は各陣営とも情勢を見据えながら準備を急いでいる。              ※10月2日起稿

 町田市を選挙区とする東京23区(町田市と多摩市の一部)からは、小倉将信、櫛渕万里、伊藤俊輔、松村亮佑の4氏が出馬の意向を示しており、各陣営とも10日の公示に向け準備を進めている。各陣営の声は次の通り。

 自民党の前職、小倉将信氏(36)は、「現在の景気回復は、いざなぎ景気を越えた可能性が高い長さになっている。雇用者数も大幅に増加した。町田市・多摩市も含め、これからも発展を続けていくためには地方創生が大切。空き地・空き家対策、都市農業の保全なども経済成長には欠かせない」と訴える。

 民進党の元職、櫛渕万里氏(50)は、「現在、出馬に向け調整中です。すべての可能性を排除せずに進みたい。ただ、今回の選挙は政治家のための選挙になってしまっている。選挙は国民のためのもの。国民の生活を守るために頑張りたい。これまで行ってきた活動を訴えていきたい」と話している。

 希望の党からの出馬を模索している伊藤俊輔氏(38)は、「改革の遅れや経済が安定しないこと懸念を感じ5年前から活動を始めた。制度や産業など大きな改革が必要で、そのためには『地方分権』。権限や財源を地方に移譲して強い日本を。財源が厳しいのなら増税や借金ではなく、まず政治家が身を切ること」と訴える。

 共産党の松村亮佑氏(37)は「自らも子を持つ親として原発、戦争、基地、貧困のない社会をつくり、『みんなで、みんなの子を守る』ことがモットー。雇用の創出、中小企業への支援のほか、教育、福祉、環境などの項目を掲げ、都民生活が困窮する今、政治の中身を変えなければならない」と訴える。

 2014年に行われた前回の総選挙で、町田市内の投票率は55・62%だった。

町田版のトップニュース最新6件

2018シーズン始動

FC町田ゼルビア

2018シーズン始動

1月18日号

「ごみ分別はアプリで」

町田市

「ごみ分別はアプリで」

1月18日号

ペッパー使うアイデア発表

町田市内小中学生

ペッパー使うアイデア発表

1月11日号

「きそっち」オープン

木曽こどもクラブ

「きそっち」オープン

1月11日号

新成人4,503人の門出

口の健康で認知症予防

町田市歯科医師会

口の健康で認知症予防

1月4日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

魅力的な街の姿とは

魅力的な街の姿とは

話題の本の著者が語る

2月7日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク