町田版 掲載号:2018年8月30日号
  • LINE
  • hatena

体操女子畠田姉妹 高く、優雅に、美しく 将来を担う注目の2人

スポーツ

ときには喧嘩もするけど、お互いをリスペクトする仲良し姉妹。右が姉の瞳さん、左が妹の千愛さん
ときには喧嘩もするけど、お互いをリスペクトする仲良し姉妹。右が姉の瞳さん、左が妹の千愛さん
 優雅で力強く、美しい演技が見る者を魅了する――今、日本の体操女子が熱い。男子が注目されがちな体操競技だが、最近は国際大会等で女子の活躍が目立ち、世界との距離は確実に縮まっている。町田市在住の畠田瞳さん(17)、千愛(ちあき)さん(14)姉妹は体操女子の将来を担う逸材。2年後、そしてその先の五輪で活躍が期待される2人に話を聞いた。

 2人の父はバルセロナ五輪団体総合の銅メダリスト、畠田好章氏。コーチを務める母、友紀子さんも元ユニバーシアード代表という体操一家だ。「小学3年の道徳の授業がきっかけで自分の進むべき道を考え、体操しかないと思った」という瞳さん。小学1年から本格的に競技を始めた千愛さんは「周りがみんなやっていたので自然とその中に入って行った」と話す。

 日体大荏原高校3年の瞳さんは5月のNHK杯体操選手権で個人総合3位になり、10月から開催される世界選手権の日本代表候補になった。スイーツが好きで、お菓子作りが趣味という一面もある。小顔でスラリとした体は、技の見栄えも良く選手として有利だ。得意競技は段違い平行棒で、下バーから飛び出し、半分ひねりながら高いバーへ移る「マロニー1/2」が得意技。同競技では選手権でも全体でトップの点数をマークした。

 一方、地元南成瀬中に通う千愛さんは小学生時代からミラクル小学生と呼ばれた体操界の新生の星。日本人では誰もやっていないG難度の大技をこなし“ひねり姫”の愛称を持つ。得意競技はゆかと平均台で「この種目なら本番でもまったく緊張しない」というほどの自信を見せる。20〜22日に開かれた全国中学校体操競技選手権大会でも個人総合で1位。「狙って取れた優勝なのでうれしい」と笑顔を見せた。

 今後について「まずは目の前の世界選手権の団体で3位以内に入り、東京五輪の団体枠を獲得する」と瞳さん。その先にあるのは2020年の五輪に代表として出場することだ。2年後にシニアに上がる千愛さんは、国内外での試合経験を重ね東京の後の五輪まで見据える。

 姉から見た妹は「ゆかの演技は世界で戦える水準」といい、妹にとって姉は「どの試合、種目でも大きな失敗をしないところがすごい」。

 練習は毎日4〜6時間。きつくても、結果を出すためなら苦にならない。体操の魅力について瞳さんは「頑張ってきたことが結果に表れること」。千愛さんは「国際大会で海外の選手と交流するのが楽しい」。これから活躍が期待される日本の体操女子。この2人が旋風を巻き起こすのは間違いない。

得意のゆかの演技をする千愛さん=同
得意のゆかの演技をする千愛さん=同
瞳さんの段違い平行棒の演技=提供写真
瞳さんの段違い平行棒の演技=提供写真

町田版のトップニュース最新6件

玉川が部門優勝

全日本チアダンス選手権大会

玉川が部門優勝

12月13日号

食べきって食品ロス削減

町田市

食べきって食品ロス削減

12月13日号

町田の“フェアリー”躍動

新体操クラブ町田RG

町田の“フェアリー”躍動

12月6日号

「違う重み感じる」

町田市在住伊賀健一さん

「違う重み感じる」

11月29日号

作品の色、さまざまに

鶴川ショートムービーコンテスト

作品の色、さまざまに

11月29日号

遠かった1点…

FC町田ゼルビア

遠かった1点…

11月22日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    10月25日0:00更新

  • 7月26日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

素敵なXマスの贈り物

素敵なXマスの贈り物

山口友由実ピアノコンサート

12月23日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク