町田版 掲載号:2018年10月25日号 エリアトップへ

桜美林大学本町田キャンパス 再来年春、芸術の杜誕生 地域活性化の起点にも

社会

掲載号:2018年10月25日号

  • LINE
  • hatena
完成イメージ図(桜美林大提供)
完成イメージ図(桜美林大提供)

 学校法人桜美林学園(佐藤東洋士理事長・学園長)は、2020年4月に延べ約2・2万平方メートルの新キャンパスを本町田に開設し、現在、町田キャンパス(常盤町)にある芸術文化学群を移転する予定としている。15日にはその建設計画地で、(仮称)桜美林大学本町田キャンパスの起工式が執り行われ、同学園や建設会社等の関係者が出席し、学園の新たな門出を祝った。

 建設計画地は廃校になった本町田中学校・本町田西小学校の跡地(本町田2591の3、2600の4)。同学園が町田市から50年の契約で借り受けたこの広大な土地に建てられる延べ約2・2平方メートルの新キャンパスには、演劇、ダンス、音楽、ビジュアル・アーツなどを学ぶ芸術文化学群(学生、教職員など約2000人)が移転。教室棟、スタジオ棟、音楽棟、劇場・ホール棟、管理棟などの施設が整備され、2020年4月に開設される予定。第2期工事となる劇場・ホール棟は翌2021年4月に開設予定。基本設計はこれまでにも同大チャペルなどを手掛けてきた(株)一級建築士古橋建築事務所が行い、実施設計は鹿島建設(株)が担う。

 芝生広場を中心に東西に伸びやかに広がる3階建ての校舎を配置。地域に開かれた中央広場、東側広場を計画しており、地域活性化の起点となる新たな街並みが形成される。隣接する山崎団地地区の高齢化・過疎化が課題となるなか、佐藤理事長は「新キャンパスが建ち、学生が集まることでこの地域の活性化に繋がれば嬉しい」と話し、同大学の畑山浩昭学長は「単に施設の開放という事だけでなく、地域連携プログラム等を通じて、人と人との交わりを作っていければ」と話した。

起工の儀で鍬入れを行う佐藤理事長(左から2人目)
起工の儀で鍬入れを行う佐藤理事長(左から2人目)

町田版のトップニュース最新6

「共生」テーマに全国繋ぎ

まちだDサミット

「共生」テーマに全国繋ぎ 社会

認知症とともに生きる

12月2日号

地場野菜、食べよう

町田市

地場野菜、食べよう 経済

購入・配送サービス「マチコロ」

12月2日号

初のeスポーツ大会開く

町田工業高校

初のeスポーツ大会開く 教育

中学生に自校をアピール

11月25日号

賑わい求めて実験開始

町田市中心市街地

賑わい求めて実験開始 社会

2つの通りで1カ月間

11月25日号

まちカフェ活性の一助に

学生おうえん隊

まちカフェ活性の一助に 文化

ネット整備などで活躍

11月18日号

文化庁から功労者表彰

三ツ目囃子振興会

文化庁から功労者表彰 文化

金井獅子舞は都から受賞

11月18日号

相続&登記のことならお任せ

遺言、家族信託、成年後見制度、不動産売買、贈与、財産分与など「南町田唯一!」

https://www.sss-office.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月25日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook