町田版 掲載号:2018年10月25日号 エリアトップへ

金井中生徒会 郷土史の魅力、自分たちで 自由民権資料館をプレゼン

教育

掲載号:2018年10月25日号

  • LINE
  • hatena
杉山さんに話を聞く生徒たち(金井中提供)
杉山さんに話を聞く生徒たち(金井中提供)

 「せっかく自分たちの住む町に貴重な資料館があるのだから、みんな利用するべき」。教科書にも載っている自由民権運動。その運動に深く関わりのある「町田市立自由民権資料館」を、昨年冬から金井中学校の生徒会メンバーが調査・編纂し、15日、同中体育館で行われた朝会で、全校生徒に向けて同資料館を紹介した。

 野津田町にある「自由民権資料館」は1986年11月3日、町田を代表する民権家の一人、村野常右衛門の文武道場「凌霜館(りょうそうかん)」跡地に開館した。自由民権運動を中心テーマとした資料館として、3、4年に一度替えられる常設展示物や期間限定の特別展示物、古文書などの貴重な資料が閲覧できる。

 「地元の歴史をしっかり知って、せっかくの施設を利用したい」。社会教育と学校教育をつなぐ取組として、金井中学校が同資料館に要請。生徒や先生らが何回も資料館に足を運び、学芸員たちに質問を重ねて資料をまとめた。当日のプレゼンでは生徒会メンバー7人が、資料館の歴史や、自由民権運動について、資料館にある展示物や資料のことなどテーマごとにまとめ、スライドを使って写真を見せながら発表。中にはクイズ形式にして興味を引かせる工夫も見られた。

 生徒らに協力した同館学芸担当の杉山弘さんは「自由民権の話を理論で伝えるのはハードルが高い。資料館にあるレリーフを中心に話を展開することで、中学生にも分かりやすく説明ができた。レリーフはもともとあるものだが、これまで語ることは少なく、中学生が来てくれたからこその発見です。自分たちで見て、質問を重ねてようやく理解できるものだと思う。今回のことをきっかけに興味を持ってもらい、まずは足を運んでもらいたい。そして学芸員に気軽に声を掛けてもらえれば」と話す。

敷居低く

 自由民権資料館は11月3日(土・祝)、「第8回資料館まつり」を開催する。午前10時から午後4時。

 常設展「武相の民権/町田の民権」や特別展「幕末・維新期の町田」の展示解説のほか、「昔の遊び体験スタンプラリー」や「探検!民権の森」、ふわふわ座による紙芝居や「明治の風刺マンガ 絵とき教室」など小学校高学年〜中学生も楽しめる内容。模擬店や古本市、地元野津田産野菜の直売もあり、気軽に楽しめる。「資料館を知り、普段から足を運んでもらえるきっかけになれば」と同館。祭りについての問合せは自由民権資料館【電話】042・734・4508へ。

全校生徒の前で発表する生徒会メンバー
全校生徒の前で発表する生徒会メンバー

町田版のトップニュース最新6

「共生」テーマに全国繋ぎ

まちだDサミット

「共生」テーマに全国繋ぎ 社会

認知症とともに生きる

12月2日号

地場野菜、食べよう

町田市

地場野菜、食べよう 経済

購入・配送サービス「マチコロ」

12月2日号

初のeスポーツ大会開く

町田工業高校

初のeスポーツ大会開く 教育

中学生に自校をアピール

11月25日号

賑わい求めて実験開始

町田市中心市街地

賑わい求めて実験開始 社会

2つの通りで1カ月間

11月25日号

まちカフェ活性の一助に

学生おうえん隊

まちカフェ活性の一助に 文化

ネット整備などで活躍

11月18日号

文化庁から功労者表彰

三ツ目囃子振興会

文化庁から功労者表彰 文化

金井獅子舞は都から受賞

11月18日号

相続&登記のことならお任せ

遺言、家族信託、成年後見制度、不動産売買、贈与、財産分与など「南町田唯一!」

https://www.sss-office.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月25日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook