町田版 掲載号:2018年11月29日号 エリアトップへ

鶴川ショートムービーコンテスト 作品の色、さまざまに 今年は87本の応募

文化

掲載号:2018年11月29日号

  • LINE
  • hatena
全国から集まった監督・関係者たち
全国から集まった監督・関係者たち

 「映像文化・芸術の発展」「上映・鑑賞機会の提供」などを目的に活動している「グローイングアップ映画祭」が11月23日、今年で4回目となる「鶴川ショートムービーコンテスト」を和光大学ポプリホール鶴川で開催し、グランプリなどを発表した。

 「鶴川ショートムービーコンテスト」(同実行委員会=大塚隆裕委員長・一般財団法人町田市文化・国際交流財団主催)は、15分以内のショートムービーを全国から募集し、多くの人に観てもらいながら、審査し、表彰しようというイベント。

 今年7月から約3カ間で集まった作品は過去最高の87作品。そのうち一次審査を通過した入選作品24本を和光大学ポプリホール鶴川内のカフェマーケットで5日間上映した。

 審査委員長は映画「赤々煉恋」「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」などを手掛けた小中和哉監督が務めた。

 グランプリには石井将義監督の「MATES」が輝いた。「思春期に一度だけ性別を選べるとしたら?」という並行世界をテーマにした作品。石井監督はオーストラリアで活動しているため、今回は代理で寺本敏行さんが出席した。受賞に際して「自分の中では大失敗作だった。ラストシーンに別のシナリオを用意していて、実はそれを撮り忘れてしまった」という石井監督の驚きのメッセージを代読した。小中審査委員長は「現状のラストシーンでもメッセージは伝わってくると思います。役者のキャラクターもとてもよく、カット割りもスタイリッシュでテンポがよかった」と評した。石井監督には副賞として賞金10万円が贈られた。

 ほかの受賞作品は次の通り。準グランプリ「あかり」(前田理沙監督)、市長賞「お蚕さま」(能勢陽帆&小島菜緒子監督)、市議会議長賞「Cake」(千田良輔監督)、理事長賞「路上ライブ」(大林泉輝監督)、U―18賞「愛の味噌」(長野県岡谷南高等学校放送部)、観客賞「花みれん」(藤原伊織監督)。

映画本特集も

 同コンテストに関連して、12月12日(水)まで同ホール内にある鶴川駅前図書館で映画の本の特集棚を設置している。

町田市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

町田版のトップニュース最新6

企画展、双方向で新しく

企画展、双方向で新しく 文化

「ことばらんど」で現代短歌

1月27日号

脳科学研究、拠点整備

玉川大学

脳科学研究、拠点整備 教育

医療とは別の視点で

1月27日号

選挙契機に地域盛り上げ

選挙契機に地域盛り上げ 社会

「投票所はあっち」の矢印掲げ

1月20日号

住民主導で空き家活用

玉川学園・南大谷地区

住民主導で空き家活用 社会

多世代交流の場に

1月20日号

市内4811人か新成人に

市内4811人か新成人に 社会

成人式、会場開催2年ぶり

1月13日号

都知事 多摩地域を語る

年頭インタビュー

都知事 多摩地域を語る 社会

「多世代が快適に暮らす環境に」

1月13日号

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月2日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook