町田版 掲載号:2018年11月29日号 エリアトップへ

町田市在住伊賀健一さん 「違う重み感じる」 瑞宝重光章の受章を報告

文化

掲載号:2018年11月29日号

  • LINE
  • hatena
「いい夫婦の日」に奥様と勲記・勲章を掲げる伊賀さん(11月22日)
「いい夫婦の日」に奥様と勲記・勲章を掲げる伊賀さん(11月22日)

 町田市在住、東京工業大学名誉教授で元学長の伊賀健一さんが、長年の教育研究功労による社会的貢献を称えられ、秋の叙勲で瑞宝重光章を受章した。その報告のため22日、石阪丈一町田市長を表敬訪問した。伊賀さんは2013年4月に工学の分野で世界的な学術賞である「フランクリン賞・バウワー賞」を受賞、町田市ではその功績を称え、同年9月に町田市市民栄誉彰を贈呈している。

 「瑞宝重光章」とは、公共的な職務において特に重要と認められる職務を果たし、成績を上げた人に授与される勲章のこと。伊賀さんは東京工業大学教授を2001年に定年退職した後、日本学術振興会の理事を務め、研究者の人材育成や海外派遣などに尽力。07年から12年までは、東京工業大学の学長を務めた。

 光エレクトロニクスの基礎を築いた「面発行レーザー」の生みの親として、これまでに紫綬褒章やフランクリン賞・バウワー賞など数多くの受賞歴がある伊賀さん。「今までは学術や研究に対する賞だったが今回は勲章。社会・公共に対する貢献とのことで褒めていただき、『違った重み』を感じています」と感想を語る。「天皇陛下が主語になる勲記なので、非常に感慨深い。多くの人たちとの関わりや活動の積み重ねが認められたので、大学や振興会の皆さんにとっても嬉しいことではないかと思う」と喜んだ。

 「今は毎日が日曜日」としながらも、伊賀さんは現在、数多くの財団の理事や評議員を務め、学術賞の選考や学会での講演、著書の執筆などを行うかたがた、趣味のコントラバスを演奏するなど日々を忙しく過ごしている。

勲記の説明をする伊賀さん(右)
勲記の説明をする伊賀さん(右)

町田版のトップニュース最新6

市内4811人か新成人に

市内4811人か新成人に 社会

成人式、会場開催2年ぶり

1月13日号

都知事 多摩地域を語る

年頭インタビュー

都知事 多摩地域を語る 社会

「多世代が快適に暮らす環境に」

1月13日号

「受診控え」に注意喚起

町田市歯科医師会

「受診控え」に注意喚起 社会

超高齢社会へ向けた取組も

1月6日号

5位目指し、準備万端

法政大学陸上競技部

5位目指し、準備万端 スポーツ

箱根駅伝 明日2日号砲

1月1日号

第2の人生、新たなトライ!

新 春寅年企画

第2の人生、新たなトライ! スポーツ

オリンピアン 関根花観さん

1月1日号

デジタル化 支援と推進

会頭インタビュー

デジタル化 支援と推進 経済

コロナ下で会員増

1月1日号

『町田独立宣言』

町田への愛と危機感を込めた渾身の一冊。今春、町田市内書店にて発売予定!

https://ameblo.jp/takahiro0938/

「終活」なるほど教室開催中

終活のプロ行政書士によるおひとりさまの終活&エンディングノートの書き方講座

https://www.e-nagataya.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月2日0:00更新

  • 11月25日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地域共生社会の実現へ

まちだDポータル2021

地域共生社会の実現へ

各事業所の発表をWEB配信

2月12日~2月12日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook