町田版 掲載号:2019年4月18日号 エリアトップへ

町田市×スタバ 認知症に優しい街づくり Dカフェ催し「居場所に」

社会

掲載号:2019年4月18日号

  • LINE
  • hatena
交流する当事者、家族、NPO、支援センター等の参加者(12日、町田金森店)
交流する当事者、家族、NPO、支援センター等の参加者(12日、町田金森店)

 町田市が推進する認知症カフェ(Dカフェ)は、認知症当事者や家族、地域の人たちが気軽に参加し、悩みや助言などを分かち合う「場」。市はこのほど、スターバックスコーヒージャパン株式会社(本社・品川区)と、認知症にやさしい地域づくりに関する包括的連携協定を締結。2016年7月にスタートしたスタバ店舗でのDカフェの充実や、認知症の人たちが利用しやすい店舗運営、認知症理解を深めるための啓発活動に力を入れる。

 町田市主催のDカフェは現在、市内全店(8店舗)のスターバックスコーヒーで月1回開催している。ナショナルチェーンでありながら、各店で地域ごとの取り組みを行う同社の「コミュニティコネクション」という活動の一環。10日に町田市役所で行われた協定締結式で、中日本リージョン本部の梅内哲也本部長は「各店舗独自に、自分たちができることにチャレンジしています。その中で、町田市は高齢者が多いことから進めてきた取り組みです」と話した。

 Dカフェの始まりは町田金森店から。地元の介護施設と夏祭りの連携などで付き合いがあり、そこから市とのつながりができた。「この取り組みを知り、どうせなら本当のカフェでやろうと話が進みました」と同店の林健二店長は振り返る。当初は、支える団体の活動紹介や認知症当事者の絵画・写真など作品展示、ハーモニカ演奏、合唱などの大掛かりなイベントを行った。2017年10月から市内の各店で月1回ずつ開催するにあたり、「もっと日常的な、カジュアルなものにしていこうと、今の形に落ち着きました」。一般の利用客に溶け込むことで、「認知症に関わりのない人たちの目に触れ、認知症を自分事にしてもらうきっかけになれば、カフェでやる意義があると思う」と林店長。Dカフェ開催中と知らずに来た客が「実は自分の父も…」、と飛び入り参加したこともあったという。この取り組みは社内外に飛び火し、全国各地の店舗や他店から視察に来ることも。林店長は「皆で認知症にやさしいまちづくりを広げていけたら」と思いを語る。

 今後の日程は19日(金)、ぽっぽ町田店(原町田4の10の20)、22日(月)、町田店(原町田6の1の11)、24日(水)、鶴川店(能ヶ谷1の5の1小田急マルシェ鶴川2)、26日(金)、小田急町田駅店(原町田6の12の20)。各日午前10時〜正午。予約不要、直接店へ。

手を組む両者
手を組む両者

町田版のトップニュース最新6

対コロナ 補正予算19億

町田市

対コロナ 補正予算19億 社会

支援と経済活性化の両面

4月15日号

町田産葡萄でワインづくり

町田産葡萄でワインづくり 社会

体験型農園スタート

4月15日号

定数4に9氏が名乗り

都議選

定数4に9氏が名乗り 政治

投開票まで3カ月、情勢は

4月8日号

特殊バスで医療サポート

特殊バスで医療サポート 社会

問診や待機場所として提案

4月8日号

地域のものづくりで連携

地域のものづくりで連携 社会

教育や人材育成を目指し

4月1日号

寄付ウエアを橋渡し

FC町田ゼルビア

寄付ウエアを橋渡し 社会

インターン生発案で子どもたちへ

4月1日号

あっとほーむデスク

  • 3月25日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter