町田版 掲載号:2019年8月29日号 エリアトップへ

相原在住石川信介さん 東京パラに向けて 柔道アジアオセアニア選手権へ

スポーツ

掲載号:2019年8月29日号

  • LINE
  • hatena
表敬訪問時に石阪市長と握手を交わす石川さん(写真左)
表敬訪問時に石阪市長と握手を交わす石川さん(写真左)

 カザフスタンのアティラウ市で9月6日(金)〜8日(日)に開催される「IBSA柔道アジアオセアニア選手権大会」の男子100kg級に市内相原在住の石川信介さん(45)が日本代表として出場する。同階級における現在の国内ランキングは2位。試合結果によっては、来年の東京パラリンピック出場へと大きく前進する重要な大会となる。

 この大会は視覚障がい者のスポーツを統括する国際視覚障害者スポーツ連盟(IBSA)が運営する国際総合競技大会。2020年東京パラリンピック出場に向けて、ランキングポイントを獲得する大会となっている。

 石川さんはかつて実業団柔道で活躍。試合中の事故で25歳のときに右目、29歳で左目に網膜剥離を起こして視力が低下した。今は右目が0・01、左目は失明状態でほぼ光を失っている。

 柔道は7歳から始めた。強豪の国士館高校でもレギュラーを務めた。20代で視力を失くしても柔道家としての自分を諦めなかった。得意技は大外刈り、払い腰、内股、寝技と幅広いオールラウンダー。6月の選考会に優勝して掴んだ今大会への出場権。「世界ランク上位の選手がいるアジアはレベルが高い。1回でも勝ってポイントを獲得し、東京パラリンピックへの代表に近づきたい」と強い思いを口にした。

 180cm近い身長と100kgを超える体重。練習以上にきついのが減量だという。食べることが好きで、試合がないときはワインも一晩で3升を一人で空けるほど。「食べ始めると1日1kgのペースで増えてしまう」と笑う。それが試合前になると1日に飲む水は700ミリリットル以下、固形物を口にせずに1週間で8kg落とす。東京パラリンピックは目標であり、一つの区切り。今は目の前の一つ一つの試合が大事だ。8月20日に表敬訪問を受けた石阪丈一市長は「来年、良い報告を楽しみにしています」とエールを贈った。

町田版のトップニュース最新6

オール町田で奏でる

オール町田で奏でる 文化

10月31日 町田大音楽祭2019

10月17日号

14校でプレ連合運動会

市内小学校

14校でプレ連合運動会 教育

来年初の本大会見据え

10月17日号

4年ぶりの臨時公開

鶴川地区香山園

4年ぶりの臨時公開 文化

3日間で3千人以上が来園

10月10日号

息を合わせて全国へ

息を合わせて全国へ スポーツ

小中ダンスチーム「ウップス」

10月10日号

集え、歴史を紡ぐ者

町田時代祭り2019

集え、歴史を紡ぐ者 文化

10周年を共に祝う

10月3日号

支援金を飯館村へ

金井商店会

支援金を飯館村へ 社会

同じ仲間として応援

10月3日号

都消防操法大会へ出場

町田市消防団

都消防操法大会へ出場 社会

南多摩地区の代表として

9月26日号

あっとほーむデスク

  • 10月17日0:00更新

  • 5月30日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

緑の中で楽しむ秋ヨガ

緑の中で楽しむ秋ヨガ

野津田で初のイベント

10月20日~10月20日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク