町田版 掲載号:2019年10月31日号 エリアトップへ

箱根駅伝予選会 桜美林キサイサ圧巻 3年連続の個人トップ

スポーツ

掲載号:2019年10月31日号

  • LINE
  • hatena
沿道を沸かすキサイサ選手(26日撮影)
沿道を沸かすキサイサ選手(26日撮影)

 第96回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)の予選会が26日、国営昭和記念公園(東京都立川市)などに設けられたハーフマラソン(21・0975Km)のコースで行われた。町田市内からは桜美林大学が昨年に引き続き出場。今年が最後の出場となる4年のレダマ・キサイサ選手が貫録の走りを見せた。

 予選会には43校が出場。各校10〜12人が出走し、それぞれ上位10人の成績によって、来年1月2日・3日に行われる箱根駅伝本選に出場する10校が決定する。同じ市内の法政大学は今年1月の本選で6位となりシード権を得たため、予選会には出場していない。

 レースは、桜美林大学のキサイサ選手が1時間1分1秒の好タイムでフィニッシュし、3年連続で個人トップとなった。序盤に留学生の集団から抜け出すと、そのまま独走。「3連覇を狙っていたので良かった」と、最高の結果を喜んだ。

 発足6年目を迎えた桜美林大学。チームとしては上位10人の合計タイムが11時間30分55秒の28位となった。昨年から、タイム、順位ともに落としてしまい、予選会突破とはならなかった。武田一部長は「チームを引っ張ってきてくれた4年生が頑張ってくれた。キサイサはもちろん、4年連続で予選会を走った佐藤拓巳、高校時に足の手術をしてようやく出場がかなった小橋新らが後輩たちに見せる走りをしてくれた」と話していた。

 箱根駅伝本選は2020年1月2日(木)、3日(金)に行われる。

町田版のトップニュース最新6

SDGs推進に向けて

町田JC

SDGs推進に向けて 社会

企業・教育・行政視点で考察

6月17日号

2028年開通目指す

鶴川駅周辺南口道路

2028年開通目指す 社会

町田・川崎 両市が連携

6月17日号

ラポール千寿閣が閉館

57年の歴史に幕

ラポール千寿閣が閉館 社会

コロナ禍で苦慮 8月末で

6月10日号

テイクアウトマップ作成

栄通り商店会

テイクアウトマップ作成 社会

会員の飲食店を応援

6月10日号

エジソンメダルを受賞

町田市在住伊賀健一氏

エジソンメダルを受賞 社会

日本人では3人目の偉業

6月3日号

地域の介護 支えて10年

町田市介護人材開発センター

地域の介護 支えて10年 社会

人材の確保と育成に尽力

6月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter