町田版 掲載号:2019年12月5日号 エリアトップへ

町田市医療・介護交流会 なり手不足の現状訴え 市議会議員と意見交換

社会

掲載号:2019年12月5日号

  • LINE
  • hatena
様ざまな意見が挙がっていた
様ざまな意見が挙がっていた

 町田市医療・介護事業所交流会(水野将憲会長)は11月26日、「町田市における介護連携」をテーマにした町田市議会議員との意見交換会を開催した。市議たちに介護・医療現場の現状を伝え、理解を深めてもらうことが目的で、今回が初の試み。

 「改善策、打開策よりまずは知ってもらうこと」。市内には現在、65歳以上の高齢者が約11万5千人いて、そのうちの約1万9千人が介護保険を利用。フレイル(加齢により心身が負い衰える状態)の人が2万人、元気な人は6万7千人ほどといわれている。開会挨拶を務めた町田市ケアマネジャー連絡会の齋藤秀和さんは「我々は元気な高齢者を増やすことが目的。フレイル予防には社会参加が良いとされる。子どもから老人までを一つのこと、『自分ごと』として地域で支えていく必要がある」と話した。

 居宅介護支援事業所、訪問看護ステーション、高齢者支援センター、福祉用具、有料老人ホーム、特別養護老人ホーム、訪問介護、グループホーム、デイサービス、その他の事業所からケアマネジャーや介護福祉士、作業療法士などそれぞれの分野の専門職が一堂に会し、超党派で参加した市議15人の前で、一人ずつ実情を訴えた。

さまざまな悩み

 行政との連携がうまくいかないことや、縦割りで横の連携がなく利用者に不便な思いをさせていること、地域により受けられるサービスの差があることなどが挙がっていた。なかでも多かったのが「人員不足」について。また、介護職の賃金の低さにも触れ「責任ばかり重く、利益を出すことができず、使命感で成り立っている業界」の危うさを訴えると、市議らはそれらの問題に真剣に耳を傾けていた。

 水野会長は「現場の生の声を届けられてよかった。今、介護の世界は町田だけでなく、日本全体、国民レベルで大変な状況。これを機に町田から発信し、国を動かすようになったら嬉しい。今後も話し合いの場を設け続けたい」と話した。

町田版のトップニュース最新6

全員一致で請願採択

市立小中学校のオンライン授業

全員一致で請願採択 教育

新たな学習に期待

1月21日号

無償で提供 希望団体募る

感染対策物資

無償で提供 希望団体募る 社会

福祉レストランフレンズ

1月21日号

新企画考え門出祝う

二十祭まちだ

新企画考え門出祝う 社会

オンラインとSNS活用

1月14日号

車両規制し影響調査

町田市中活協

車両規制し影響調査 社会

原町田中央通り・大通り

1月14日号

東京2020 希望の光に

東京2020 希望の光に 政治

都知事インタビュー

1月7日号

健康を保つ口腔ケアを

町田市歯科医師会

健康を保つ口腔ケアを 社会

認知症予防にも

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク