町田版 掲載号:2020年11月26日号 エリアトップへ

小山田南小学校 パラバドミントンを体験 4年生93人が参加

スポーツ

掲載号:2020年11月26日号

  • LINE
  • hatena
小倉選手(写真左)と中村選手(写真右)に質問をする児童
小倉選手(写真左)と中村選手(写真右)に質問をする児童

 パラバドミントンサポートシティとして町田市は競技の普及に尽力している。2017年度からは市立小学校での体験会を継続的に実施、11月19日には小山田南小学校で選手2人が訪れ体験会が開かれた。

  東京2020大会より正式競技として開催され、注目を高めている「パラバドミントン」。町田市はパラバドミントンとの関わりが深い自治体として、また同競技の振興に積極的なサポートシティとして静岡県静岡市をはじめ渋谷区、江戸川区、福岡県宗像市と並んで一般社団法人日本障がい者バトミンドン連盟と覚書を締結している。

「今の頑張りがきっと将来に」

 当日は車イスを使ってプレーをする小倉理恵選手と交通事故により右ひざや右足首を思うように動かすことができない下肢障がいを持つ中村海斗選手が参加。

 児童と一緒に競技用車いす体験や実際にコートに立って、選手が投げたシャトルをラケットを握った児童が打ち返し交流を深めた。

 質疑応答の際には児童は積極的に手を挙げ「なぜ怪我をしたのですか」「動かすと痛いのですか」「いつから競技を始めたのですか」「何才ですか」と選手に矢継ぎ早に質問を投げていた。

 ママアスリートして活躍する小倉選手は「足が動かなくても不自由でも色々な形でスポーツは楽しめる。ぜひ楽しんでスポーツに取り組んで」と話し、中村選手は「足の怪我で努力してもできないことはあるけれど、そのための努力は無駄ではない。君たちも努力することを諦めないで、きっと将来役に立つ大事な努力だから」と児童に熱く訴えた。
 

町田版のトップニュース最新6

全員一致で請願採択

市立小中学校のオンライン授業

全員一致で請願採択 教育

新たな学習に期待

1月21日号

無償で提供 希望団体募る

感染対策物資

無償で提供 希望団体募る 社会

福祉レストランフレンズ

1月21日号

新企画考え門出祝う

二十祭まちだ

新企画考え門出祝う 社会

オンラインとSNS活用

1月14日号

車両規制し影響調査

町田市中活協

車両規制し影響調査 社会

原町田中央通り・大通り

1月14日号

東京2020 希望の光に

東京2020 希望の光に 政治

都知事インタビュー

1月7日号

健康を保つ口腔ケアを

町田市歯科医師会

健康を保つ口腔ケアを 社会

認知症予防にも

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク