町田版 掲載号:2021年3月11日号 エリアトップへ

JCI町田 社協と災害時相互協定 地域防災への協力強化

社会

掲載号:2021年3月11日号

  • LINE
  • hatena
JCI町田が17年に参加した災害ボラセン訓練
JCI町田が17年に参加した災害ボラセン訓練

 市内の青年経済人らによる(一社)町田青年会議所(=JCI町田/伊藤秀俊理事長)は東日本大震災から10年となる本日3月11日(木)、(福)町田市社会福祉協議会(=社協/小野敏明会長)と「災害時相互協定」を締結する。社協との協定締結は約5年越しの思いが実った形。

 協定により両者は災害発生時に町田市災害ボランティアセンター(=災害ボラセン)の運営や支援物資の調達、被災地の状況とニーズの把握などを連携しながら行う。

 また平常時には災害ボラセンの設置・運営に関するマニュアル等の共有や地域住民や団体・企業等との協力体制の構築を図っていく。

 JCI町田は2015年に町田市と支援物資の供給と輸送に関する協定を結んだ。災害時に市民に対して迅速に物資供給をする役割を担うと同時に社協とも協定を結ぶはずだった。しかし互いの準備が間に合わず、その時は協定を結べなかった。「ずっとやり残した気持ちがあったので、今回協定を結べて嬉しい」と伊藤理事長。

顔の見える関係性

 伊藤理事長は当時、地域防災に力を注ぐ委員会の一員として「顔の見える関係性を作らないといざという時に動きづらい」と社協との連携を模索。16年頃から社協主催の勉強会や防災訓練に参加するなどし、社協との関係性を築いてきた。

 今回協定を結んだことで平常時から連携が取れ、災害発生時に迅速に対応することができる。伊藤理事長は「全国のJCの中には実際に災害拠点となったところもあります。全国のネットワークを持つスケールメリットを活かした協力ができると思います」と述べた。

 当日午後7時30分からZoomを活用したオンライン例会の中で締結式の様子を収めた動画を配信する。

 またアウトドア流防災ガイドとしてwebページの監修やテレビやラジオに多数出演しているあんどうりすさんの講演やパネルディスカッションも実施する。一般の人も視聴が可能。「地域の人たちが今一度防災について考える機会になれば」

 参加無料。JCI町田のHP(https://machida-jc.or.jp/)から入室できる。午後7時30分開始。

 問い合わせはJCI町田【電話】042・725・7565へ。

町田版のトップニュース最新6

定数4に9氏が名乗り

都議選

定数4に9氏が名乗り 政治

投開票まで3カ月、情勢は

4月8日号

特殊バスで医療サポート

特殊バスで医療サポート 社会

問診や待機場所として提案

4月8日号

地域のものづくりで連携

地域のものづくりで連携 社会

教育や人材育成を目指し

4月1日号

寄付ウエアを橋渡し

FC町田ゼルビア

寄付ウエアを橋渡し 社会

インターン生発案で子どもたちへ

4月1日号

首都直下型地震に備える

警察署6署合同

首都直下型地震に備える 社会

署員36人が参加

3月25日号

まちだ育成会が優秀賞

都女性活躍推進大賞

まちだ育成会が優秀賞 社会

働きやすい職場作り加速

3月25日号

あっとほーむデスク

  • 3月25日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク