町田版 掲載号:2021年4月29日号 エリアトップへ

セントラル成瀬日名子さん 2種目とリレーで優勝 全国JOC春季水泳大会

社会

掲載号:2021年4月29日号

  • LINE
  • hatena
1日2時間、週に6日練習するプールの前でガッツポーズ
1日2時間、週に6日練習するプールの前でガッツポーズ

 3月に行われた「第43回全国JOCジュニアオリンピックカップ春季水泳競技大会」に出場したセントラルウェルネスクラブ成瀬(成瀬が丘)の日名子凛菜(ひなごりんな)さんが、女子50メートル自由形(小4・10歳以下=当時)と女子50メートル背泳ぎ(同)で優勝。チームで出場した女子200メートルのメドレーリレー(同)でも1位になった。

 競技会はコロナ禍で東京辰巳国際水泳場で開催予定だった大会の代替措置として、各地で行う競技会の記録を集計して全国ランキングを決める通信大会として行われた。緊急事態宣言下で練習がままならず、調整が難しい中、日名子さんは個人で出場した2種目の決勝で自己ベストをたたき出す。しかも自由形の27秒86はこのクラス唯一の27秒台。惜しくも大会記録に0秒52届かなかった。

 「ずっと目標にしてきた大会。優勝を狙っていたので勝つことができて本当にうれしい」と日名子さん。レース前は緊張したが、最後まで持てる力を出し切ることができたと素直に喜んだ。さらに自由形で27秒台のタイムを出したことで、以前から家族と約束していたエアロバイクが買ってもらえると笑顔を見せた。

武器は早さと頭の良さ

 水泳は2人いる姉の影響で3歳から始めた。年長のときにセントラル成瀬に移ると、実力が認められて育成コースに。種目も自由形と背泳ぎの両方とも好きだと話す。昨年はコロナの影響で2カ月間もプールに入れなかった。水泳を初めて以来の経験。「練習はつらいけど、今は泳ぐことが楽しい」と日名子さんは言う。指導する名倉一雅コーチは彼女の武器を元来もっているスピードと予選から決勝までレースに出ながら調整し、自分自身を上手にコントロールできる頭の良さだと分析する。

 「人見知りだけど、家では末っ子らしい甘えん坊な面もある」と母親のさゆりさん。4月から5年生に進級し、23日の誕生日で11歳になった。好きな科目は算数で、家では動画配信サイトのユーチューブを見て楽しむ現代っ子だ。

目標は2年後の大会

 メドレーリレーの勝利には「みんながいたから心強かった」とメンバーの桝谷香帆さん、常山和紗さん、大澤美月さんと喜びを分かち合った。次の目標は2年後に6年生で出場を目指す同じ競技大会(12歳以下の部)。出場する選手たちはほぼ今回の大会と同じ顔触れになることが予想される。10歳以下の王者として、全国から挑戦してくるライバルたちに負けないよう人一倍努力することを誓った。

町田版のトップニュース最新6

5000席増設 J1基準に

町田GIONスタジアム

5000席増設 J1基準に スポーツ

5月16日こけら落とし

5月13日号

高齢者先行スタート

町田市ワクチン

高齢者先行スタート 社会

5月20日から約11万人対象

5月13日号

立ち技格闘技王座に就く

市内在住小林愛三選手

立ち技格闘技王座に就く スポーツ

悔しさバネにリベンジ成功

5月7日号

6年ぶりの対戦へ

ゼルビア×SC相模原

6年ぶりの対戦へ 社会

両チームの注目選手に聞く

5月7日号

2種目とリレーで優勝

セントラル成瀬日名子さん

2種目とリレーで優勝 社会

全国JOC春季水泳大会

4月29日号

坂井泉水の詞をひもとく

ことばらんど開館15周年

坂井泉水の詞をひもとく 文化

ZARD30周年に合わせ記念展

4月29日号

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter