町田版 掲載号:2021年6月10日号 エリアトップへ

57年の歴史に幕 ラポール千寿閣が閉館 コロナ禍で苦慮 8月末で

社会

掲載号:2021年6月10日号

  • LINE
  • hatena
閉館することが発表されたラポール千寿閣
閉館することが発表されたラポール千寿閣

 JR町田駅南口にある「ホテルラポール千寿閣」(相模原市南区上鶴間本町)が8月31日(火)をもって閉館する。隣接する「町田ボウリングセンター」も同日に閉鎖となることを、運営する千寿産業(岩崎正社長)が発表した。

 千寿産業は1964年創立。結婚式場とボウリング場を備えた「大町田スポーツセンター」からスタートし、85年に現在の宿泊施設とガーデンチャペルが新設され、名称も「ラポール」(深い絆)に変更された。

 同社によれば、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、昨年3月頃から売上が急落。宿泊者が減ったことに加え、ホテル事業の売上を支えてきた歓送迎会や忘新年会等が無くなったことが大きく響いた。緊急事態宣言が発出された2020年5月の売上は、40万円に届かなかったという。

 コロナ禍での業績悪化を受け、政府や行政に事業規模に応じた給付金や事業所税の減免などを求めてきたが対応されず。昨年夏頃から閉業を視野に入れながら継続の道を模索してきたが、感染拡大の収束が見込めない状況から、今年1月に決断したという。4月27日に全社員と株主に対して説明を行い、翌28日に営業廃止を発表した。

 今後はホテルとボウリング場を併せた敷地約2700坪の土地と建物を売却して事業の清算を図る。岩崎社長は「奇しくも最初の東京五輪の年に開業し、2度目の東京五輪の年に幕を閉じることになった。57年もの間、多くのお客様に支えていただき感謝の気持ちでいっぱい。一方で閉館してしまい、申し訳ないという気持ちもある」と話している。

利用者から惜しむ声

 同ホテルの宴会場を毎月、例会の会場として使用してきた町田・相模原経済同友会の井上博行代表幹事(町田・デザイン専門学校理事長)は「自分が事務所を立ち上げたのが23歳の時(63年)だからほとんど同い年。一緒に発展してきた思い。それから市議時代にも会合などで利用させてもらい、弟の結婚式も挙げさせてもらった。本当に長い間の付き合いなので、閉館は非常に残念。でもお疲れ様と伝えたい」とコメントを寄せた。
 

町田版のトップニュース最新6

ラポール千寿閣が閉館

57年の歴史に幕

ラポール千寿閣が閉館 社会

コロナ禍で苦慮 8月末で

6月10日号

テイクアウトマップ作成

栄通り商店会

テイクアウトマップ作成 社会

会員の飲食店を応援

6月10日号

エジソンメダルを受賞

町田市在住伊賀健一氏

エジソンメダルを受賞 社会

日本人では3人目の偉業

6月3日号

地域の介護 支えて10年

町田市介護人材開発センター

地域の介護 支えて10年 社会

人材の確保と育成に尽力

6月3日号

東京五輪代表に内定

女子体操畠田瞳さん

東京五輪代表に内定 スポーツ

大舞台での活躍誓う

5月27日号

受賞レシピを給食に

食育推進

受賞レシピを給食に 社会

真光寺中の田嶋さん考案

5月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter