町田版 掲載号:2021年7月29日号 エリアトップへ

町田市民ホール ホストタウンを花で演出 総合高校の生徒が生け込む

教育

掲載号:2021年7月29日号

  • LINE
  • hatena
南アフリカ、インドネシアの両国をイメージした迎え花=左から
南アフリカ、インドネシアの両国をイメージした迎え花=左から

 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を機に、「町田市のホストタウンである南アフリカとインドネシアを盛り上げよう」と(一財)町田市文化・国際交流財団がさまざまな催しを行っている。7月24日には都立町田総合高等学校で華道を学んだ生徒らが、両国をイメージした生け花で町田市民ホールの入り口に迎え花を作った。

 今年度から「地域探究推進校」の指定を受けた同校。地域の専門家や市民と連携し、生徒自らが課題を設定して解決する能力の育成を図る取組みが始まった。

 その一つとして、生徒が「迎え花 By MACHISO」と題して華道を探究。草照流の家元、藤澤照瑛さんの指導の下、アフリカ日本協議会の代表理事やインドネシア出身の和光大学の教授から話を聞いて両国の情報を集めた。生け込みを行ったのは3年生の上村(かみむら)さん、山縣(やまがた)さん、椋尾(むくお)さん、下保(かほ)さんの4人。国内では見かけない珍しい現地の花や、飾りつけで両国を表現し、数多くの花で多民族性を盛り込んだ。上村さんは「直接会うことは難しいけれど、日本に来てくれてありがとうの思いを伝えたい」と作品に歓迎の気持ちを込めた。

展示は7月末まで予定

 「とても良い経験になった」と言う椋尾さんは学んだ華道を活かすために迎え花づくりに参加。指導した藤澤さんは「若い感性があふれる斬新な作品は自分も勉強になった」と目を細めた。園部直美副校長は「生徒たちが協力し、素晴らしい作品を作り上げることができた」と称えた。今月末までの予定で来館者の目を楽しませている。
 

町田版のトップニュース最新6

まちだ感謝祭を初企画

FC町田ゼルビア

まちだ感謝祭を初企画 スポーツ

5月15日、「家族」テーマに

5月12日号

約20年ぶり、茶室に「息吹」

鶴川虚心亭

約20年ぶり、茶室に「息吹」 文化

「文化遺産に」2年かけ整備

5月12日号

3年ぶり、初の5月開催

フェスタまちだ

3年ぶり、初の5月開催 文化

中心市街地活性化 目指す

5月5日号

4度目のデフリンピック

本町田在住山中選手

4度目のデフリンピック スポーツ

マラソンと1万mに出場

5月5日号

商店街のデジタル化支援

東京都

商店街のデジタル化支援 経済

上限1千万円 10分の9補助

4月28日号

6人目の名誉市民に

推理作家森村誠一氏

6人目の名誉市民に 文化

市内在住 文化発展に貢献

4月28日号

「終活」なるほど教室開催中

葬儀現場のプロが詳しく解説!最新の家族葬・一日葬・直葬について

https://www.e-nagataya.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    3月24日0:00更新

  • 2月10日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook