町田版 掲載号:2021年7月29日号 エリアトップへ

町田市民ホール ホストタウンを花で演出 総合高校の生徒が生け込む

教育

掲載号:2021年7月29日号

  • LINE
  • hatena
南アフリカ、インドネシアの両国をイメージした迎え花=左から
南アフリカ、インドネシアの両国をイメージした迎え花=左から

 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を機に、「町田市のホストタウンである南アフリカとインドネシアを盛り上げよう」と(一財)町田市文化・国際交流財団がさまざまな催しを行っている。7月24日には都立町田総合高等学校で華道を学んだ生徒らが、両国をイメージした生け花で町田市民ホールの入り口に迎え花を作った。

 今年度から「地域探究推進校」の指定を受けた同校。地域の専門家や市民と連携し、生徒自らが課題を設定して解決する能力の育成を図る取組みが始まった。

 その一つとして、生徒が「迎え花 By MACHISO」と題して華道を探究。草照流の家元、藤澤照瑛さんの指導の下、アフリカ日本協議会の代表理事やインドネシア出身の和光大学の教授から話を聞いて両国の情報を集めた。生け込みを行ったのは3年生の上村(かみむら)さん、山縣(やまがた)さん、椋尾(むくお)さん、下保(かほ)さんの4人。国内では見かけない珍しい現地の花や、飾りつけで両国を表現し、数多くの花で多民族性を盛り込んだ。上村さんは「直接会うことは難しいけれど、日本に来てくれてありがとうの思いを伝えたい」と作品に歓迎の気持ちを込めた。

展示は7月末まで予定

 「とても良い経験になった」と言う椋尾さんは学んだ華道を活かすために迎え花づくりに参加。指導した藤澤さんは「若い感性があふれる斬新な作品は自分も勉強になった」と目を細めた。園部直美副校長は「生徒たちが協力し、素晴らしい作品を作り上げることができた」と称えた。今月末までの予定で来館者の目を楽しませている。
 

町田版のトップニュース最新6

健康づくりに向け連携

町田市(株)丸井

健康づくりに向け連携 教育

第1弾は乳がん予防月間

9月23日号

文化芸術の灯消さぬ

町田市文化協会

文化芸術の灯消さぬ 文化

2年ぶりに「秋の催し」

9月23日号

町田の秋祭り中止相次ぐ

町田の秋祭り中止相次ぐ 教育

昨年に続き開催断念

9月16日号

シングルマザーを支援

市内在住藤原裕子さん

シングルマザーを支援 社会

洋服や鞄など寄付

9月16日号

無限大の魅力を募集

芹ヶ谷公園と周辺地域

無限大の魅力を募集 教育

写真や動画で再発見

9月9日号

フードドライブで地域繋げ

小山・小山ヶ丘

フードドライブで地域繋げ 社会

防災意識の醸成にも

9月9日号

あっとほーむデスク

  • 9月9日0:00更新

  • 9月2日0:00更新

  • 8月19日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook