町田版 掲載号:2021年7月29日号 エリアトップへ

HIPHOP歌手『野武士』 八百屋のテーマ歌う 元バイト先への恩返し

経済

掲載号:2021年7月29日号

  • LINE
  • hatena
新装中の店舗前で若月社長夫妻とHIPHOP歌手の野武士(中央)
新装中の店舗前で若月社長夫妻とHIPHOP歌手の野武士(中央)

 「石焼き芋〜、石焼き芋〜」。普段聞き慣れているあの歌ではないが、聴くと耳について離れない癖のあるラップ調の曲が成瀬の老舗八百屋、やさいのナイトウ((株)WAKATSU・若月幸平社長)の店頭に流れている。この曲を作り、歌っているのが市内在住、新進気鋭のヒップホップ歌手・野武士(のぶし)だ。このほど同店が原町田に新店をオープンすることをうけ、新たなテーマソングを作って贈った。

 「野武士」こと日埜(ひの)総之(のぶゆき)さん(29)は現在、ザ・ブリッジヨコハマのPA(音響)アシスタントとしてクラブカルチャーに従事。ヒップホップ歌手として2012年にデビューし2枚のCDアルバムをリリースしたほか、ライブ活動やラップバトルをするTV番組へ出演するなど勢いのあるシンガーだ。高校時代に当時の自宅から近かったやさいのナイトウ成瀬本店でアルバイトに勤しんだ。「曲作りは韻を踏むことにこだわっています。わかりやすく覚えやすいし、面白味も増す」と話す日埜さんはバイト当時を振り返りながら「ナイトウは知識豊富な野菜ソムリエがいるのが売り。店や店員の雰囲気がわかる歌詞を入れ、店内放送のようにお客さんを誘導できれば嬉しい」と笑顔で話す。

有名になるために

 同店は1979年創業。若月社長は20年間従業員として働き、2019年に先代から店を引き継いだ。昨年、店舗をリニューアルし、コロナ禍にはドライブスルー八百屋を実施。LINE登録やSNSでの情報発信など、精力的に店舗改革を進めている。

 2号店となる町田店は8月2日(月)、ぽっぽ町田並びのビル1階にオープン。日埜さんは偶然そのビルの上階に住んでおり、テーマソング内で『駅から間近、マジか!?つーか俺の家の真下!』と歌っている。

 「農家直売の野菜やこだわりのしそジュースなど、成瀬本店とは違った品揃えも考えたい」と若月社長。「2号店は『町田で有名になる』ためのチャレンジ。うちの店のことをよく知る野武士に曲を作ってもらってありがたい。歌を広めて野武士も一緒に有名になってもらいたい」と話す。開店を記念し、特売品が並ぶ。「ぜひお気軽にお越し下さい」と若月社長。

 さらに翌日3日(火)からは市内7店舗と多摩市1店舗のファミリーマートにも同店とコラボしたコーナーが立ち上がるなど、「やさいのナイトウ」が広がりを見せる。
 

町田版のトップニュース最新6

健康づくりに向け連携

町田市(株)丸井

健康づくりに向け連携 教育

第1弾は乳がん予防月間

9月23日号

文化芸術の灯消さぬ

町田市文化協会

文化芸術の灯消さぬ 文化

2年ぶりに「秋の催し」

9月23日号

町田の秋祭り中止相次ぐ

町田の秋祭り中止相次ぐ 教育

昨年に続き開催断念

9月16日号

シングルマザーを支援

市内在住藤原裕子さん

シングルマザーを支援 社会

洋服や鞄など寄付

9月16日号

無限大の魅力を募集

芹ヶ谷公園と周辺地域

無限大の魅力を募集 教育

写真や動画で再発見

9月9日号

フードドライブで地域繋げ

小山・小山ヶ丘

フードドライブで地域繋げ 社会

防災意識の醸成にも

9月9日号

あっとほーむデスク

  • 9月9日0:00更新

  • 9月2日0:00更新

  • 8月19日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook