町田版 掲載号:2021年10月21日号 エリアトップへ

町田市ふるさと納税 周知高め寄付促進 3ポータルサイトを利用

社会

掲載号:2021年10月21日号

  • LINE
  • hatena

 町田市はふるさと納税の周知を目的として、これまでの「ふるさとチョイス」「東急ふるさとパレット」に加え、「楽天ふるさと納税」への掲載を開始した。3つのポータルサイトの利用は多摩26市では最多。市は新たな寄附者層へのPRを行い、「寄付促進につなげたい」としている。

 ふるさと納税は「生まれ育ったふるさとへ貢献できる制度」「自分の意志で応援したい自治体を選ぶことができる制度」として創設された。「納税」とうたっているが、地方自治体への「寄付」のことをいう。

 町田市への寄付は2020年に2億2000万円を集めた。一方で市民が他の自治体に納税した額は10億円を超すという。財務部財政課の高田正人課長は「その差額を少しでも埋めるため、周知を強化し、また魅力あるものを提供していきたい」と話した。

 市の寄付の使い道は教育や福祉、賑わい、交通などの住環境に関するまちづくりのほか、「市長へおまかせ」などがある。また応援してほしい事業として、新商品・サービスを開発する事業者の支援、南町田グランベリーパーク、動物愛護、英語教育支援、高齢者支援、困窮家庭の子どもの支援の6つを挙げている。それぞれの支援に合わせて町田市民へのお礼の品、市外の人への様々な返礼品を用意。今回追加されたサイト「楽天ふるさと納税」は1313の自治体が利用している(10月18日現在)ふるさと納税ポータルサイトの中でも利用団体が非常に多いサイトで、会員数は1億1980万人。同課は市のふるさと納税の更なる周知を図るとともに、新たな寄附者層へのPRを強化していきたいとしている。

町田版のトップニュース最新6

「共生」テーマに全国繋ぎ

まちだDサミット

「共生」テーマに全国繋ぎ 社会

認知症とともに生きる

12月2日号

地場野菜、食べよう

町田市

地場野菜、食べよう 経済

購入・配送サービス「マチコロ」

12月2日号

初のeスポーツ大会開く

町田工業高校

初のeスポーツ大会開く 教育

中学生に自校をアピール

11月25日号

賑わい求めて実験開始

町田市中心市街地

賑わい求めて実験開始 社会

2つの通りで1カ月間

11月25日号

まちカフェ活性の一助に

学生おうえん隊

まちカフェ活性の一助に 文化

ネット整備などで活躍

11月18日号

文化庁から功労者表彰

三ツ目囃子振興会

文化庁から功労者表彰 文化

金井獅子舞は都から受賞

11月18日号

相続&登記のことならお任せ

遺言、家族信託、成年後見制度、不動産売買、贈与、財産分与など「南町田唯一!」

https://www.sss-office.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月25日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook