町田版 掲載号:2021年12月9日号 エリアトップへ

NPO法人ゆどうふ 常設フードドライブ開始 若者と地域をつなぐ

社会

掲載号:2021年12月9日号

  • LINE
  • hatena
9月のフードドライブの様子(提供)
9月のフードドライブの様子(提供)

 小山町の一軒家でひきこもりや困難を抱える若者の支援を行っているNPO法人ゆどうふ(辻岡秀夫理事長)が12月1日から「フードドライブ」の受け入れを開始した。「9月に期間限定で行われて好評だったフードドライブ。常設することでより多くの生活困窮者に必要な食品を渡すことができ、メンバーには地域との繋がり、『地縁』を生むことができる」とスタッフの三井泰平さんは期待する。

 フードドライブとは家庭で眠ったままになっている米や缶詰、調味料、インスタントやレトルト食品等の保存できるものを地域の拠点で集め、フードバンクに寄付することで食品を必要とする世帯に届ける取り組み。小山町では今年9月の防災月間に「小山・小山ヶ丘つながるフードドライブ大作戦」が実施され、ゆどうふの利用者であるメンバーやスタッフもボラティアで参加した。

 ひきこもりを始めとする困難を抱える若者に、カウンセリングや居場所、仕事体験を提供しているゆどうふ。メンバーが自分がやりたいこと、得意なことで地域とつながり、社会参加や自己肯定感を高める機会を創出するために、地域で暮らす人、活動する団体の抱えるさまざまな困りごとを若者が有償で解決する「わらしべワークプロジェクト」を実行。そこで知りあった一人に、同作戦の実行委員がいた。

 同作戦の3日間でメンバーらは受付業務に就き、地域の人たちから食品を受け取ったり、記念品を渡したりする役目を担った。多くの食品が寄せられたが、期間中に持参できなかったという声もあったという。市内ではフードドライブの活動が広がりをみせているが、困窮世帯はいまだ多い。寄付の機会を増やせばより多くの世帯の助けになると、常設会場としての取り組みが始まった。三井さんは「メンバーの活動の幅もそれぞれで、まだ外に出て働くのが大変な人もいる。常設になれば地域の人との交流から始められるし、地域の人にもゆどうふがどんな場所なのか知ってもらえる」と話す。食品受け取りは毎週水曜日の正午〜午後4時。事前に電話(【電話】042・814・6675)で申込みを。

町田版のトップニュース最新6

選挙契機に地域盛り上げ

選挙契機に地域盛り上げ 社会

「投票所はあっち」の矢印掲げ

1月20日号

住民主導で空き家活用

玉川学園・南大谷地区

住民主導で空き家活用 社会

多世代交流の場に

1月20日号

市内4811人か新成人に

市内4811人か新成人に 社会

成人式、会場開催2年ぶり

1月13日号

都知事 多摩地域を語る

年頭インタビュー

都知事 多摩地域を語る 社会

「多世代が快適に暮らす環境に」

1月13日号

「受診控え」に注意喚起

町田市歯科医師会

「受診控え」に注意喚起 社会

超高齢社会へ向けた取組も

1月6日号

デジタル化 支援と推進

会頭インタビュー

デジタル化 支援と推進 経済

コロナ下で会員増

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月2日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地域共生社会の実現へ

まちだDポータル2021

地域共生社会の実現へ

各事業所の発表をWEB配信

2月12日~2月12日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook